Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン 徹底比較 QC35II vs NC700

Bose ノイズキャンセリングヘッドホン 比較 Bose
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来る旅工房がおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
旅工房で格安航空券を検索&予約

マリンちゃん
マリンちゃん

ノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスヘッドホンを買おうと思ってます。Bose Noise Cancelling Headphones 700(以下NC700)か

QuietComfort 35 wireless headphones II(以下QC35 II)

のどちらが良いか教えてください。

  • どっちがおすすめ?
  • ノイズキャンセリングは?
  • 着け心地は?
  • 音質は?
  • バッテリーは?
  • 価格は?
  • ペアリングは何台できる?
  • 会話に向いているのは?
  • 充電時間は?
  • デメリットは?

 

Takeo
Takeo
Boseのノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンを購入するのに、悩んで調べ上げた僕が、こういった疑問にお答えします。
Boseがノイズキャンセリングヘッドホンとして出してきた「QuietComfort」シリーズの最新版がQC35 II。
「QuietComfort」から名前を変えて登場したのがNC700。
NC700はデザインも今までのヘッドホンと全く違う仕上がりになっています。
スポンサーリンク

NC700 vs QC35 IIスペック比較

まずは二つを比較してみましょう。

項目 Bose NC700 Bose QC35 II
ノイズキャンセリング 11段階で調整可能(外音取込有) 3段階(High/Low/Off)
装着感 長時間つけていても疲れない 良好
音質 バランスが良い
QC35 IIより進化
バランスが良い
コーデック AAC,SBC AAC,SBC
バッテリー 20時間 20時間
クイック充電 15分で3.5時間 15分で2.5時間
デザイン 高級感あって、シームレスで近未来的 従来のデザイン
マルチペアリング 2台同時OK 2台同時OK
音声通話 自分の声を拾って、周囲の音をキャンセリング マイク性能は秀逸
操作性 タッチコントロール 物理ボタン
とっさの会話に音楽停止と外音取込 会話モード なし
ワイヤレスの距離 10m 9m
USB USB Type-C USB Micro-B
重さ 254g 234g
価格 46,750円 33,000〜35,000円
Takeo
Takeo

一つ一つの性能ごとに比較していきましょう!

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングの強さ

ノイズキャンセリングの強さはNC700の方が上です。

ノイズキャンセリングのレベルを最高の10にすると、静寂さが違います。音楽なしでもかなりの雑音が消されます。さらに音楽をかけると周りの音や話し声は一切気にならなくなります。

ノイズキャンセリングの進化はすごいです。

ノイズキャンセリングの調整

QC35 IIはノイズキャンセリングの調整が3段階(High/Low/Off)です。

NC700では11段階のノイズキャンセリングレベルが選べます。アプリ上で設定した3つのお気に入りのレベルを、ボタンで切り替えが可能です。

また、0にすると外部音取り込みになって、音楽を聞きながら、周りの音をマイクで拾ってしっかり聞こえるようにしてくれます。これはQC35 IIになく、周りの音を聞き逃したくない時に便利です。

着け心地

着け心地はNC700の方が良く感じます。

NC700はイヤーカップの伸縮が無段階で調整できるようになったので、自分にぴったりなサイズに調整が可能です。

長時間使用しても疲れません。

ただし、装着感は個人差があると思います。

音質

音質はQC35  IIからNC700でパワーアップした印象。

NC700はボーカル音、中高音の抜けが良く、バランスがさらに良くなった印象。

NC700はどんな音楽でもオールマイティーに聞くことができる。

バッテリー

バッテリーは両機とも20時間の連続使用可能で差はありません。

クイック充電

クイック充電はNC700が優れている。

NC700:15分で3.5時間の連続再生
QC35  II:15分で2.5時間の連続再生

フル充電

フル充電はNC700の方が時間がかかる。

NC700:2時間30分でフル充電
QC35  II:2時間15分でフル充電

デザイン

デザインはNC700が従来のヘッドホンのデザインを打ち破りました。

シームレスなデザイン、近未来的なスタイリッシュなフォルム、ゴツさを感じさせません。

本当に見て目が美しいのがNC700です。

QC35  IIは今まで通りの「ザ・ヘッドホン」なデザインで、少し安っぽさがあります。

音声通話

音声通話ではNC700が圧倒的な性能を持っています。

NC700は搭載された4マイクシステムで、周囲の雑音をキャンセリングしつつ、ユーザーの声だけをクリアに拾います。

カフェや周りがうるさい外などで通話する時、周囲の騒音を相手に聞かせることなく、自分の声をクリアに届けます。

通話やオンラインミーティンが多いビジネスマンには大変便利な機能です。

QC35  IIもユーザーの声をクリアに拾いますが、周辺の雑音はキャンセリングする機能はないので、周囲の音が相手に良く聞こえてしまいます。

操作性

NC700にはタッチコントロールがついています。

スマホのようにスワイプしたり、ダブルクリックや長押しで、直感的に操作ができます。

QC35  IIは物理ボタンでの操作になります。

両機とも、スマホを取り出さずに、曲の再生・停止、曲送り・戻し、音量の調整が可能。

ノイズキャンセリングの切り替えと音声アシスタントの呼び出しもヘッドホンで可能。

ただし、NC700はノイズキャンセリングの切り替えと音声アシスタントができますが、QC35  IIはノイズキャンセリングの切り替えと音声アシスタントのどちらか1つの機能だけをボタンに割り当てることができます。

とっさの会話

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン

NC700にだけに搭載された機能で「会話モード」があります。

左イヤーカップのボタンを長押しすると、音楽停止と外部音取り込みモードになります。

とっさに話しかけられた時に便利な機能です。

この機能はQC35  IIにはない、NC700だけの機能です。

マルチペアリング

マルチペアリングは両機とも2台同時にBluetooth接続可能です。

PCとスマホなど、Bluetooth接続を切断することなくデバイスの停止と再生だけで、2つのデバイの音楽や動画を楽しめます。

ワイヤレスの距離

NC700が10m
QC35  IIが9m

NC700の方が若干ワイヤレス接続の距離がのびました。

USB

使用するUSB規格は異なります。

NC700がType-C
QC35  IIがMiro-B

MacBookやスマホを中心にType-Cが普及しつつあります。Type-Cは電力供給量も大きく、これからの主流になってくるでしょう。

重量

重量はQC35  IIの方が20g軽くなっています。

NC700が254g
QC35  IIが234g

価格

価格はQC35  IIの方が1万円以上安く購入できます。

NC700が46,750円
QC35  IIが33,000円前後

Boseの製品はBose公式かAmazonから購入すれば、30日間返金保証がついています。


Bose NC700の特徴

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン 比較

  • ボタン一つでノイズキャンセリングの設定値を素早く変更できる
  • 会話モードでとっさの会話も素早く対応できる
  • シームレスでスタイリッシュなデザイン
  • イヤーカップは快適な装着感で長時間使用でも疲れない
  • 11段階のノイズキャンセリングでシーンに合わせて使い分け可能
  • 音質はバランスの取れた音
  • 通話時、自分の周りの音もノイズキャンセリングされて騒がしい場所でも快適にコミュニケーションが可能
  • タッチセンサー採用で直感的にコントロール可能
  • 20時間連続使用可能

Bose NC700のレビューはこちら

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン NCHP700【レビュー】
Bose Noise Cancelling Haedphone 700の使用レビュー Bose2019年発売の最新・最上位モデルは買う価値があるのか、その性能を徹底解説します。ノイズキャンセリング、電話での快適さ、タッチセンサーなど紹介。

Bose QC35  IIの特徴

  • ノイズキャンセリングで周りの雑音をシャットアウト
  • 人の声は適度にノイズキャンセリングしていて、話しかけられたら気づくレベル
  • ノイズキャンセリングは3段階の強さが選べる
  • コードが邪魔にならないワイヤレスヘッドホン
  • 長時間使用しても疲れないデザイン
  • バランスの良い音質
  • バッテリーはワイヤレスで20時間、有線で40時間使用可能
  • Googleアシスタント搭載で話しかけることができる
  • マルチペアリング対応で2台同時接続可能

Bose QC35  IIのレビューはこちら

Bose クワイエットコンフォート35 II レビュー ワイヤレスノイズキャンセリング
Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIの使用レビュー 世界初の音声アシスタント搭載のノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンです。ノイズキャンセリングの性能、つけ心地、マルチペアリングなど解説

Bose NC700がおすすめな人

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン

  • ビジネスユーザーなど通話やオンラインミーティングをする人
  • 長時間使用しても疲れないヘッドホンを探している人
  • かっこいいデザインのヘッドホンが欲しい人
  • PCとスマホなど2台を使って音楽や動画を楽しむ人
  • クリアな音質でバランスの良いサウンドが好きな人

Bose QC35  IIがおすすめな人

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン

  • コスパがいいノイズキャンセリングヘッドホンを探している人
  • ノイズキャンセリングで作業に集中したい人
  • PCとスマホなど2台を使って音楽や動画を楽しむ人

僕のBose NC700はおすすめ

Bose ノイズキャンセリング ヘッドホン

僕は値段はちょっと高くなりますがNC700をおすすめします。

理由は長時間使った時の疲れ具合、デザイン、音声通話でのマイクの性能が素晴らしいからです。

4万円以上する高い買い物ですが、とっても満足しています。

コメント

スポンサーリンク