【快適さ重視の人必見】スクートビズは価値がある?【座席,食事,荷物】

スクートビズ LCC
この記事は約8分で読めます。
旅行代金の最大50%お得になるGoToトラベルキャンペーン

予算がなくなり次第、申し込み予約が終了になります。旅行を予定している人は早めに予約が安心です。

▶︎Go Toトラベルキャンペーン対象旅行会社の一覧リスト

スクートビズにしようか悩んでいました。

スクートビズはおすすめですか?

高いお金を払う価値があるか悩んでいます。

シートはどうですか?

食事や荷物は?

料金はいくらくらいですか?

年間フライト回数30回以上の僕が、こういった疑問にお答えします。

 

この記事のポイント

  • スクートビズは少し追加料金を払っても快適に過ごしたい方には、おすすめです。
  • スクートビズは、ANAなどのレガシーキャリアのプレミアムエコノミーに近いグレード。
  • リクライニングが深く、シートが広いので疲れない。よく眠れる。
  • 受託手荷物30kg+機内持ち込み手荷物15kg、機内食1食+ドリンク1本付き
  • スクートビズへたった1万円でアップグレードする方法がある。
スポンサーリンク

スクートビズは高いお金を払う価値があるのか

スクートビズはエコノミークラスにプラスして払ってでも、グレードアップする価値があります。もちろん、料金よりも快適さを重視する方のみです。

スクートビズはエコノミーとどの辺が違ってくるのか説明しますね。

スクートビズのメリット

  • シートが広い。前後のピッチ38インチ(約96cm)、幅22インチ(約56cm)。
  • リクライニングが深くまで倒れる6インチ(約15cm)ので眠りやすい。
  • 疲れない。
  • 受託手荷物30kgまで無料、機内持ち込み手荷物15kgまで。
  • ウェルカムドリンク。
  • 機内食は食事1食、ドリンク1本無料。
  • エンターテイメントサービス。
  • 優先チェックイン。
  • 優先搭乗。
  • 優先降機。
  • シートに電源あり。

スクートビズのシート

スクートビズの席は広い。
前後のピッチ38インチ(約96cm)、幅22インチ(約56cm)。

スクートビズは、ANAのプレミアムエコノミーの席と同等のスペックです。広くてかなり快適でした。

スクートのエコノミー席は前後のピッチ31インチ(約79cm)、幅18インチ(約46cm)。

スクートのエコノミークラスの席は、ANAなどのレガシーキャリアのエコノミー席と、同等のスペックです。LCCの短距離路線で使われているナローボディ、A320やB737と違ってシート間隔をゆったり目にしています。

狭さは全く感じません。

リクライニング

スクートビズのリクライニングは6インチ(約15cm)で深めに倒れますが、フラットにはなりません。

リクライニングに関しては、エアアジアのプレミアムフラットベッドの方が、フラットに近い状態まで倒れて快適です。

ただし、エコノミークラスよりは深く倒れて快適なので、寝やすいのは間違いありません。

疲れなかった

普段LCCのエコノミークラスにばかり乗っている僕からすると、スクートビズはかなり快適でした。

5時間ちょっとかかる成田からバンコクへのフライトでも、疲れ方が違います。

受託手荷物30kg、機内持ち込み手荷物15kg

スクートビズの荷物は、受託手荷物30kg無料、機内持ち込み手荷物15kgまで持ち込みOKです。

エコノミークラスが、無料受託手荷物なし、機内持ち込み手荷物10kgまでなので、結構差が大きいですね。

機内持ち込み手荷物15kgまであれば、受託手荷物として預ける必要もなさそうです。

でもせっかくなので、受託手荷物も使いたいところです。受託手荷物優先受け取りサービスもあるので、受託手荷物待ちもなさそうです。

ウェルカムドリンク

ミネラルウォーターですが、ウェルカムドリンクがあります。

スクートでは飲食物の機内への持ち込み禁止になっているので、喉が渇いたら機内販売で購入しないといけないんです。

だから、ウェルカムドリンクサービスは嬉しいですね。

機内食は食事1食、ドリンク1本無料

スクートビズでは機内食1食とドリンク1本が無料で付いてきます。

機内食は事前予約することによって約1,800円のプレミアムセレクトを選ぶことができます。

ドリンクはアルコールを含むドリンク1本無料です。

飲み物に制限があるところが、頼み放題のレガシーキャリアと違うところですね。

機内エンターテイメントサービス「スクートTV」

スクートビズではエンターテイメントサービスが無料です。

ただし、スクートの場合は、各シートにモニターが付いているわけではなく、自分のデバイス(スマホ・ノートPC)を使って「スクートTV」を楽しむ。

ノートPCはwebブラウザのプラグインを落として使う。Androidはアプリを落として使う。

ただし、iOS(iPhone)は搭乗する前に、事前にアプリをダウンロードしておかないと使えない。

スクートTVは映画の種類は豊富だが、日本語字幕または日本語吹き替えに対応していないので、英語で映画を見ることができないほとんどの日本人には、映画を楽しめない。邦画が少しだけあるので、邦画を楽しむことは可能。

スクートVはエコノミークラスでは有料で使うことができる。

優先チェックイン

スクートには優先チェックインが付いている。エコノミークラスとは別レーンで待つことなく、優先的にチェックイン可能で、快適でスムーズにチェックインできる。

スクートではwebチェックインもできるが、圧倒的カウンターでのチェックインをする人が多いので、エコノミークラスのチェックインは混み合うことがある。

優先搭乗

スクートビズでは優先搭乗が出来る。

搭乗開始になったら、まず、スクートビズの乗客から搭乗できるので、あの長い列に並ばなくていいので、楽です。

優先降機

スクートには優先降機もあります。目的地に到着後優先的に飛行機から降りられます。

実を言うと、バンコクに行くときはこれが結構重要です。なぜかと言うと、スクートはバンコクのドンムアン空港に到着するんですが、ドンムアン空港の入国審査が混むんです。中国からのフライトと重なったりすると、1時間待ちもありえます。

なので、スクートの便が到着したら、いち早く入国審査の列に並ぶことをおすすめします。

少なくともスクートのエコノミークラスの乗客より、前に並ぶことができます。

シートに電源あり

スクートビズのシートには電源があり、無料で使えます。

パソコンやタブレット、スマホの充電に使えるので便利です。

エコノミークラスにも電源が設置してありますが、エコノミークラスでは有料です。

スクートビズでも有料のサービス

  • Wi-fi
  • ブランケット
  • 追加の食事やドリンク

機内Wi-fi

スクートでは機内Wi-fiが使えます。

これはスクートビズでも有料です。

速度はめっちゃ速いわけではないですが、SNSをあげたり、LINEしたりは出来ます。

機内Wi-fiの料金プラン

プラン データ量 搭乗まえに購入時の料金 機内で購入時の料金 特徴
ツイート20 20MB 4.99USドル 5.99USドル メッセージやテキスト利用。

速度は64kpbsと遅い。

サーフ80 80MB 14.99USドル 16.99USドル ネットサーフィンやSNS利用に。

機内でSNSあげたらタイムリー!

インダルジ200 200-MB 29.99USドル 32.99USドル ネットサーフィン、音楽ストリーミングサービス利用など。

ブランケット

スクートはLCCなので、ブランケットの無料貸し出しがありません。

スクートビズでも無料貸し出しがなく、ブランケットが必要な場合は購入する必要があります。

機内販売で、スクートオリジナルブランケットが売られています。

料金は15シンガポールドル(約1,200円)です。

スクートの機内は結構寒いので、長袖シャツや羽織るものがないと、風邪を引くレベルで寒いです。

ブランケットを買いたくない方は、防寒着を持参しましょう。

追加の食事やドリンク

スクートビズでも、追加の食事やドリンクは全て有料で、機内販売を利用することになります。

この辺が、レガシーキャリアより劣るところです。

ただし、その分、フライトの料金が安くなっているので、必要ならば購入しましょう。

スクートビズを安く購入する方法

スクートビズを安く購入する方法は、「BID4BIZ」という入札方式のアップグレードサービスがある。

エコノミークラスで購入した場合で、スクートビズに空きがある場合、メールにて「BID4BIZ」の案内が送られてきます。

説明文(英語)を読んだら、自分の支払ってもいい金額を選択して、進みます。

支払いはクレジットカードになります。

実際に入札で落とせた時だけ、支払いが発生し、入札で落とせなかった場合は、一切支払いが発生しません。

なので、自分がこれだったらスクートビズに、払ってもいいかなって思う金額を選択すれば良いと思います。

最低金額は9,500円からでした。

僕は最低金額の9,500円で 入札しました。

閑散期だったこともあり、入札が成功し、無事スクートビズが手に入ったんですが、、、

その前のフライトが遅延し、乗り継げなくて、あえなく捨てました。

「BID4BIZ」は払い戻し負荷なので、9,500円無駄になりました。

新潟〜関空のピーチが遅延して関空〜バンコクのスクートに乗れなかった話
誰も責めれないLCCの遅延。 保険に入っていなかった一切保証もされないし、振替も、返金も何もない。関空から予約していたスクートは紙くずと消えました。 乗り継ぎに失敗しないために、僕の失敗談をご覧ください。

スクートビズまとめ

メリット

  • シートが広い。前後のピッチ38インチ(約96cm)、幅22インチ(約56cm)。
  • リクライニングが深くまで倒れる6インチ(約15cm)ので眠りやすい。
  • 疲れない。
  • 受託手荷物30kgまで無料、機内持ち込み手荷物15kgまで。
  • ウェルカムドリンク。
  • 機内食は食事1食、ドリンク1本無料。
  • エンターテイメントサービス。
  • 優先チェックイン。
  • 優先搭乗。
  • 優先降機。
  • シートに電源あり。

デメリット

  • Wi-fiが有料
  • ブランケット貸し出しなし(ブランケットの販売のみ)
  • 追加の食事やドリンクが有料

 

コメント

  1. […] 【快適さ重視の人必見】スクートビズは価値がある?【座席,食事,荷物】スクートビズについて知りたいですか? スクートビズはシートが広く、疲れにくい。受託手荷物30kgまで無料、機 […]

スポンサーリンク