ジェットスターの受託手荷物の料金まとめ。絶対損しない方法

ジェットスターの手荷物検査 LCC
この記事は約6分で読めます。
旅行代金の最大50%お得になるGoToトラベルキャンペーン

予算がなくなり次第、申し込み予約が終了になります。旅行を予定している人は早めに予約が安心です。

▶︎Go Toトラベルキャンペーン対象旅行会社の一覧リスト

ジェットスターの手荷物の料金について知りたいです。

手荷物料金を一番安くする方法は?

万が一重量オーバーしてしまったら時の料金は?

サイズオーバーの時はいくらかかるの?

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • ジェットスターの受託手荷物は無料ではない。
  • 機内持ち込み手荷物と受託手荷物の料金一覧。
  • 追加料金がかかる。
  • 料金はチケット予約時に同時購入が一番安い。
  • フライト当日、空港で受託手荷物追加、重量オーバーは高額になる。
  • サイズの大きな手荷物の追加料金は2,000円。
スポンサーリンク
  1. ジェットスターの運賃タイプ別|機内持ち込み手荷物と受託手荷物
  2. ジェットスターの手荷物ルール
    1. 機内持ち込み手荷物
    2. 受託手荷物
  3. 機内持ち込み手荷物追加(プラス3kg)の料金
    1. チケット購入と同時に手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線
    2. チケット購入後、事前にオンラインで手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線
    3. フライト当日に空港チェックインカウンターで手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)
    4. 搭乗ゲートで重量オーバーを指摘された場合の料金
      1. 国内線
      2. 国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)
  4. 受託手荷物15kg追加の料金(事前に受託手荷物を購入していない場合)
    1. チケット購入と同時に手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線
    2. チケット購入後、事前にオンラインで手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線
    3. フライト当日に空港チェックインカウンターで手荷物追加時の料金
      1. 国内線
      2. 国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)
    4. 搭乗ゲートで重量オーバー/サイズオーバーを指摘された場合の料金
      1. 国内線
      2. 国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)
  5. 受託手荷物の重量オーバー(受託手荷物を購入済みの場合)
      1. 国内線
      2. 国際線
  6. サイズの大きな手荷物の料金
  7. 料金がかからない特別な手荷物
    1. 車椅子や電動車椅子など
    2. 歩行器具、松葉杖、携帯用酸素濃縮器
    3. ベビー用品
  8. 手荷物で余計な料金を払わないために
  9. 重量オーバーにならないためのおすすめグッズ!

ジェットスターの運賃タイプ別|機内持ち込み手荷物と受託手荷物

クラス エコノミークラス ビジネス
運賃タイプ Starter フレックスBiz ちゃっかりPlus しっかりMax ビジネス ビジネスMax
機内持込手荷物 7kg 10kg 7kg 7kg 合計14kg
(7kg×2)
合計14kg
(7kg×2)
受託手荷物 有料 有料 20kg 30kg 30kg
座席指定 有料 スタンダード
アップフロント
スタンダード スタンダード
アップフロント
エクストラレッグルーム
ビジネスクラス専用座席 ビジネスクラス専用座席
食事と飲み物 有料 無料 無料 無料 無料 無料
機内エンターテイメント 有料 有料 有料 有料 無料 無料
予約変更 有料 無料 無料 無料 無料 無料
払い戻し 不可 不可 可能 可能 不可 可能
料金 無料 国内線:2,000円
国際線:4,000円
国内線:2,000円
国際線:4,000円
国内線:4,000円
国際線:7,700円
フライトより異なる

上記の運賃プランがあります。

すべての運賃プランで、受託手荷物を最大40kg(5kg単位)まで増やすことができます。

ただし、1個の手荷物の最大重量は32kgまで。

受託手荷物の追加購入の料金は

予約と同時購入 < 予約後事前購入 < チェックインカウンター < 搭乗ゲート

の順番で高くなっていきます。

フライト予約と同時に受託手荷物の追加が一番お得です。

受託手荷物なら、「ちゃっかりPlus」より、「Starter」で受託手荷物20kg追加の方が、安く済みます。

ジェットスターの手荷物ルール

機内持ち込み手荷物

サイズ:56cm×36cm×23cm

個数:バッグ1個+身の回り品1個(ビジネスクラスはバッグ2個までOK)

重量:7.0kgまで(フレックスBizは10kg、ビジネスクラスは7kg×2個=14kgまで)

※ジェットスターの重量は小数点以下おまけなし。

つまり、多くのLCCでOKな7.9kgはダメ!必ず7.0kg以下にすること。

スマホ、モバイルバッテリー、財布などをポケットに入れればクリアできるはず。

受託手荷物

サイズ:1片が1m未満。サイズに対する特に明確なルールは表示されていない。

個数:制限なし。

重量:運賃タイプや追加の受託手荷物重量による。

機内持ち込み手荷物追加(プラス3kg)の料金

チケット購入と同時に手荷物追加時の料金

国内線

760円〜1,560円

※料金は路線と時期により異なる。

国際線

1,840円〜3,200円

※料金は路線と時期により異なる。

チケット購入後、事前にオンラインで手荷物追加時の料金

国内線

1,500円〜2,720円

※料金は路線と時期により異なる。

国際線

3,000円〜4,000円前後

※料金は路線と時期により異なる。

フライト当日に空港チェックインカウンターで手荷物追加時の料金

国内線

3,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

4,500円

搭乗ゲートで重量オーバーを指摘された場合の料金

国内線

4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

5,000円

受託手荷物15kg追加の料金(事前に受託手荷物を購入していない場合)

チケット購入と同時に手荷物追加時の料金

国内線

950円〜2,720円

※料金は路線と時期により異なる。

国際線

2,300円〜4,000円

※料金は路線と時期により異なる。

チケット購入後、事前にオンラインで手荷物追加時の料金

国内線

1,880円〜3,400円

※料金は路線と時期により異なる。

国際線

3,000円〜4,500円前後

※料金は路線と時期により異なる。

フライト当日に空港チェックインカウンターで手荷物追加時の料金

国内線

3,500円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

5,000円

搭乗ゲートで重量オーバー/サイズオーバーを指摘された場合の料金

国内線

4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

5,500円

受託手荷物の重量オーバー(受託手荷物を購入済みの場合)

1kg単位で超過重量分を請求されます。これは結構高額なので注意が必要です。

国内線

800円/1kg

国際線

1,500円/1kg

サイズの大きな手荷物の料金

購入した受託手荷物の重量に収まるように注意しつつ、サイズオーバーには追加料金が必要。

サイズオーバーの料金は2,000円

料金がかからない特別な手荷物

車椅子や電動車椅子など

搭乗者本人が車椅子や電動車椅子などの移動補助具を必要とする場合は、一人一台まで預けられる。

歩行器具、松葉杖、携帯用酸素濃縮器

歩行器具、松葉杖、携帯用酸素濃縮器などの補助器具を必要とする場合は、個数制限なく無料で預けられる。

ベビー用品

折りたたみ式ゆりかご、ハイチェア、補助椅子、チャイルドシート、ベビーカーなどは無料で預けられる。

ベビーカーは折りたたんだ状態で56cm×36cm×23cmを超えないもので、安全に梱包されているものであれば、機内持ち込み手荷物の枠とは別に、機内持ち込みが可能です。

手荷物で余計な料金を払わないために

手荷物で余計な料金を払わないようにするために、フライト予約時に必要な機内持ち込み手荷物の+3kg追加や、受託手荷物の追加購入をするのが一番お得です。

フライトチケット購入後も、オンラインで事前購入をすれば、価格は抑えられます。

フライト当日に重量オーバーは高額請求をされますので、それだけは避けるようにしましょう。

重量オーバーにならないためのおすすめグッズ!

重量オーバーにならないためにも、事前に手荷物の重量チェックが重要です。

たった1,000円で、高額請求を避けられるので「はかり」を持っていきましょう。

 

 

国内旅行ならソラハピがおすすめ

国内の格安航空券を探すならソラハピがおすすめ

  • 最安値で国内航空券が見つけられる
  • 日本の企業が運営しているサイトなので安心
  • JALやANAの他、LCCも比較検索できる
  • カンタン5分で予約ができる
  • 日本語で電話問い合わせOKだから万が一の時も安心

ソラハピなら安い航空券が見つけられます。

ANA、JAL、ジェットスター、ピーチなど複数の航空会社を比較・検索できるから、自分の日時にあった安い航空券を探せます。

海外航空券ならena(イーナ)がおすすめ

海外航空券はena(イーナ)がおすすめ
  • 日本の旅行会社だから万が一のトラブルの時でも安心
  • 日本語で電話対応
  • ネットで簡単予約
  • 24時間予約

ena(イーナ) で海外格安航空券を探す

【GoToトラベルキャンペーン】

予算がなくなり次第、申し込み予約が終了になります。旅行を予定している人は早めに予約が安心です。

▶︎Go Toトラベルキャンペーン対象旅行会社の一覧リスト

スポンサーリンク
LCC ジェットスター 航空会社
Takeoをフォローする
明日、旅に出る

コメント

スポンサーリンク