ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ!

ジェットスターの手荷物検査 LCC
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

ジェットスターについて知りたいです。

手荷物のサイズの規定は?

サイズオーバーしたらどうなりますか?

サイズオーバーの追加料金はいくらですか?

こういった疑問にお答えします。

この記事のポイント

  • ジェットスターの機内持ち込み手荷物のサイズ56cm×36cm×23cm
  • 機内持ち込み手荷物がサイズオーバーした場合受託手荷物として追加料金を取られる
  • 機内持ち込み手荷物のサイズを超えている場合はあらかじめ受託手荷物を購入しておくと、割安で済む
スポンサーリンク

機内持ち込み手荷物のサイズと重さと個数

ジェットスター手荷物ルール

サイズ

キャリーバッグ:サイズ56cm×36cm×23cm
※Q300型の小型機の場合はキャビンが小さいためサイズ48cm×34cm×23cmまで。ただしサイズを超えた場合でもサイズ56cm×36cm×23cmは無料で受託手荷物として預けられる。スーツカバーなどのサイズ114cm×60cm×11cm

身の回り品:ハンドバッグ、文庫本、財布、ノートPC 、コート、傘、免税品のいずれか一つ。

※サイズはハンドル、ポケット、キャスター等を含むので注意。

個数

キャリーバッグ1個+身の回り品1個=合計2個

※ビジネスクラスの場合はキャリーバッグ2個+身の回り品1個=合計1個、14kg(キャリーバッグ1個が7kgまで)

重さ

キャリーバッグ1個+身の回り品1個=合計2個の重さの合計が7kgまで。

ただし「フレックスBiz」は合計10kgまで。

受託手荷物(預け手荷物)のサイズと重さと個数

サイズ

受託手荷物の明確なサイズ規定はありません。

ただし1辺の長さが1mを超える場合は「サイズの大きな荷物」になり、追加料金が必要になります。

個数

個数制限はなし。

重さ

重さは選択するオプションにより異なる。

1個の荷物の最大の重さが32kgまで。それ以上の重さの場合は荷物を分割する必要がある。

エコノミークラス

「Starter」、「フレックスBiz」

「Starter」、「フレックスBiz」は無料の受託手荷物なし。

追加料金を払えば15kg〜40kgまで受託手荷物を追加可能。

「Starter」は無料のベーシックプラン

「フレックスBiz」の料金
国内線:2,000円
国際線:4,000円

「ちゃっかりPlus」

受託手荷物20kgまで無料

それ以上は追加で5〜20kgまで追加可能。

国内線:2,000円
国際線:4,000円

「しっかりMax」

受託手荷物30kgまで無料

それ以上は追加で5〜10kgまで追加可能。

国内線:4,000円
国際線:7,700円

当日手荷物追加料金

フライト当日、サイズ、重さが制限オーバーの場合は割高な料金を支払う必要があります。

機内持ち込み手荷物追加(プラス3kg)

機内持ち込み手荷物を3kgだけ追加すれば何とかなる場合は下記の料金です。

国内線

  • チェックインカウンター:3,000円
  • 搭乗ゲート:4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

  • チェックインカウンター:4,500円
  • 搭乗ゲート:5,000円

国際線(オーストラリア線発着)

  • チェックインカウンター(15kgまで):50オーストラリアドル
  • 搭乗ゲート(15kgまで):100オーストラリアドル

受託手荷物をフライト当日追加する(受託手荷物を購入していない場合)

「Starter」、「フレックスBiz」を選択していて、受託手荷物を追加していない場合です。

国内線

  • チェックインカウンター(15kgまで):3,500円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

  • チェックインカウンター(15kgまで):5,000円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):5,500円

国際線(オーストラリア線発着)

  • チェックインカウンター(15kgまで):8,500円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):8,500円

受託手荷物の重さオーバー(受託手荷物を購入済みの場合)

すでに受託手荷物を購入していて、その重さを超えてしまった場合は1kgごとに追加料金が発生する。

国内線

800円/1kg

国際線

1,500円/1kg

サイズが大きな手荷物

サイズが大きな手荷物は、ハンドル、ポケット、キャスターなどを含めて1辺が1mを超える場合、追加料金が必要になります。

事前でも当日空港で払っても料金は一緒。

2,000円/1アイテム・1区間

一人につき最大2つまで。

無料で預けられるもの

以下のものは特別にサイズの大きな手荷物の追加料金もなく、無料で預けることが可能。

車椅子や電動車椅子など

搭乗者本人が車椅子や電動車椅子などの移動補助具を必要とする場合は、一人一台まで預けられる。

歩行器具、松葉杖、携帯用酸素濃縮器

歩行器具、松葉杖、携帯用酸素濃縮器などの補助器具を必要とする場合は、個数制限なく無料で預けられる。

ベビー用品

折りたたみ式ゆりかご、ハイチェア、補助椅子、チャイルドシート、ベビーカーなどは無料で預けられる。

ベビーカーは折りたたんだ状態で56cm×36cm×23cmを超えないもので、安全に梱包されているものであれば、機内持ち込み手荷物の枠とは別に、機内持ち込みが可能です。

ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ

ジェットスターの手荷物ルールは厳しいので、サイズ、重さ、個数などの制限をオーバーしないように注意しましょう。オーバーする場合は事前購入がお得です。

 

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
LCCジェットスター航空会社
Takeoをフォローする
世 界 一 周| 明日、旅に出る

コメント

  1. […] ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ!ジェットスターの手荷物のサイズ、個数、重さのルールを知りたいですか? ジェットスターでは機内持ち込み手荷物サイズが56cm× […]

  2. […] ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ!ジェットスターの手荷物のサイズ、個数、重さのルールを知りたいですか? ジェットスターでは機内持ち込み手荷物サイズが56cm× […]

  3. […] ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ!ジェットスターの手荷物のサイズ、個数、重さのルールを知りたいですか? ジェットスターでは機内持ち込み手荷物サイズが56cm× […]

  4. […] ジェットスターの手荷物のサイズ・重さ・個数まとめ!ジェットスターの手荷物のサイズ、個数、重さのルールを知りたいですか? ジェットスターでは機内持ち込み手荷物サイズが56cm× […]