ジェットスターの手荷物検査が厳しすぎる!高額な追加料金を払わないために。


【海外旅行航空券の最安値を探す方法】

スカイスキャナーなら航空会社、旅行会社を一括検索できるから安い航空券が見つかる。

しかも手数料無料!日付を指定せずに一番安い日の出発日を探せるから便利!



【海外旅行航空券の最安値を探す方法】

スカイスキャナー
なら航空会社、旅行会社を一括検索できるから安い航空券が見つかる。

しかも手数料無料!日付を指定せずに一番安い日の出発日を探せるから便利!


ジェットスターの手荷物検査 LCC

ジェットスターは手荷物検査がありますか?

ジェットスターの手荷物検査は厳しいですか?

追加料金を払わないためにどうすればいいですか?

こういった疑問にお答えします。

 

この記事のポイント

  • ジェットスターの手荷物検査はめちゃくちゃ厳しい。
  • チェックインカウンターと搭乗ゲートで手荷物検査をしている。
  • 手荷物検査では重さとサイズをきっちり検査される。
  • 手荷物の追加購入やチケット予約時に同時購入が安くておすすめ。

 

スポンサーリンク

ジェットスターの機内持ち込み手荷物のルール

まずはジェットスターの手荷物のルールを理解しましょう。他のLCCと比べてかなり厳しいルールですよ。

機内持ち込み手荷物の個数

大きいバッグ1個+身の回り品(小さいバッグ)1個=合計2個になります。

免税品やお土産などもカウントされるので、個数オーバーに注意しましょう。

機内持ち込み手荷物の重さ

ジェットスターでは国内線・国際線ともに機内持ち込み手荷物の重さは7kgまでです。

この重さは、大きいバッグ+身の回り品(小さいバッグ)を合わせた重さになります。

ジェットスターは厳しいことに、7.1kg〜重さオーバーとなります。他の航空会社では7.9kgまでは見逃してくれることが多いのに。これはジェットスター以外では見たことがない厳しさです。

機内持ち込み手荷物のサイズ

機内持ち込み手荷物の多いバッグのサイズは

56cm×36cm×23cm

です。

これは出っ張っているキャスターやハンドルなども含みます。

1cmオーバーしただけで、機内持ち込み不可で預け荷物になったりして、高額な追加料金を請求されることもあります。

スーツケースを購入する際には、サイズに気をつけましょう。

チェックインカウンターでの手荷物検査

チェックイン時に空港カウンターで機内持ち込み手荷物の検査がおこなわれます。

  • 手荷物の個数
  • 手荷物の重さ
  • 手荷物のサイズ

搭乗ゲートでの手荷物検査

搭乗ゲートでも同様に手荷物検査が行われます。

  • 手荷物の個数
  • 手荷物の重さ
  • 手荷物のサイズ

手荷物検査でオーバーしていた場合

機内持ち込み手荷物の個数、重さ、サイズがオーバーしていた場合、そのバッグは受託手荷物として預けることになります。

事前に購入するより高い料金設定となっているので、オーバーすることがわかっている場合は、事前に購入した方がお得です。

手荷物の重さがちょっとだけオーバーしていた場合の裏技

手荷物の重さがちょっとだけオーバーしていた場合、重いもの(スマホ、モバイルバッテリー、カメラなど)をポケットに入れましょう。

免税品、お土産に注意

搭乗前に手荷物の再検査が搭乗ゲートで行われます。

免税品、お土産も機内持ち込み手荷物の数、重さにカウントされます。

つまり、免税品、お土産を含めて7kg以下になっている必要があります。

手荷物追加料金

手荷物が7kgだけで収まらない場合は、予約と同時に購入するのが一番お得でおすすめ。(予約と同時に購入についてはこの記事の最後で説明します)

では万が一空港での検査で引っかかった場合は、どうなるかみていきましょう。

重量オーバーした時の選択肢

主に3つになりますが、状況によります。

  • 機内持ち込み手荷物追加オプション(7kgに3kg追加して合計10kg)
  • 受託手荷物を当日追加する(受託手荷物を購入していない場合)
  • 受託手荷物の重さを追加する(受託手荷物を購入済みの場合)

それぞれ解説します。

機内持ち込み手荷物追加(プラス3kg)のフライト当日料金

国内線

  • チェックインカウンター:3,000円
  • 搭乗ゲート:4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

  • チェックインカウンター:4,500円
  • 搭乗ゲート:5,000円

国際線(オーストラリア線発着)

  • チェックインカウンター(15kgまで):50オーストラリアドル
  • 搭乗ゲート(15kgまで):100オーストラリアドル

受託手荷物をフライト当日追加する(受託手荷物を購入していない場合)

国内線

  • チェックインカウンター(15kgまで):3,500円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):4,000円

国際線(日本発着便※オーストラリア行きは除く)

  • チェックインカウンター(15kgまで):5,000円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):5,500円

国際線(オーストラリア線発着)

  • チェックインカウンター(15kgまで):8,500円
  • 搭乗ゲート(15kgまで):8,500円

受託手荷物の重さをフライト当日に追加する(受託手荷物を購入済みの場合)

国内線

800円/1kg

国際線

1,500円/1kg

手荷物の重さ別にその料金クラスを買うのがおすすめか?

手荷物の重さが7.0kg以下の場合

全ての荷物が7kg以下で済む人であれば、一番安い「Startar」が追加料金不要でおすすめ!

ただし、7.0kg以下で抑えるのは、相当荷物を軽くしないと難しいのでご注意ください。

手荷物の重さが7.0kg〜10kgの場合

全ての荷物が7.0kg〜10kgの場合、「Startar」を選択の上、予約時に手荷物追加(プラス3kg)がおすすめ!

料金は760〜1,760円(路線による)

手荷物の重さが10kg〜15kgの場合

全ての荷物が10kg〜15kgの場合、「Startar」を選択の上、予約時に受託手荷物を15kg追加しましょう。

料金は950円〜2,700円前後(路線による)

手荷物の重さが15kg〜40kgの場合

全ての荷物が15kg〜40kgの場合、「Startar」を選択の上、予約時に受託手荷物を必要分のkgを追加購入しましょう。

「ちゃっかりPlus」なら国内線2,000円/国際線4,000円で受託手荷物20kg無料、「しっかりMax」なら国内線4,000円/国際線7,700円で受託手荷物30kg無料でついてきます。

しかしそれらは高いので、予約時に受託手荷物を必要分のkgを追加購入した方が安上がりです。

ジェットスターの手荷物検査まとめ

ジェットスターの手荷物検査についてまとめてみました。

LCCの中でもトップクラスに厳しい検査、チェック基準、追加料金の設定をしているのが、ジェットスターです。

フライト当日に高額な出費を避けるために、事前にあらかじめ自分の手荷物の重さがいくつになるのか把握してからチケットを購入すると良いでしょう。

スポンサーリンク
ホテルの予約はエクスペディアがおすすめ!
ホテルの予約はエクスペディアがおすすめ!

記事が参考になった!面白かったって思っていただけたら、下の写真をクリックして、ブログ村のランキングへの応援お願いします。ランキングが上がるとやる気がもらえて、また記事を書くためにエネルギーになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事が参考になった!面白かったって思っていただけたら、下の写真をクリックして、ブログ村のランキングへの応援お願いします。ランキングが上がるとやる気がもらえて、また記事を書くためにエネルギーになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LCC航空会社
スポンサーリンク
ashitabiをフォローする
世 界 一 周| 明日、旅に出る

コメント