ジェットスターの手荷物検査徹底攻略!追加料金を払わないコツ

ジェットスターの手荷物検査 LCC
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

スポンサーリンク

ジェットスターの手荷物検査は日本一厳しい

ジェットスターの手荷物検査は、日本に乗り入れている航空会社の中で日本一厳しいです。

なぜなら、多くの会社が手荷物の規定を設けているものの、少しは融通をきかせてくれ、多少のオーバーなら見逃してくれます。

しかし、ジェットスターはかなり厳格にルールを守ってきます。

 

ジェットスターの手荷物検査の基準を知ろう

ジェットスターの手荷物検査の基準を確認しましょう。

基準をオーバーすることないように準備して、オーバーする場合は事前に手荷物重量の追加購入がおすすめです。

なぜなら、事前購入なら割安だからです。空港で手荷物重量追加購入は、事前購入に比べて割高になります。

機内持ち込み手荷物

  • サイズ56cm×36cm×23cm
  • キャリーバッグ1個+身の回り品1個=合計2個の重さの合計が7.0kgまで

免税品も身の回り品としてカウントされるので、個数制限にも注意しましょう。

サイズ

キャリーバッグ:サイズ56cm×36cm×23cm
※Q300型の小型機の場合はキャビンが小さいためサイズ48cm×34cm×23cmまで。ただしサイズを超えた場合でもサイズ56cm×36cm×23cmは無料で受託手荷物として預けられる。スーツカバーなどのサイズ114cm×60cm×11cm

※サイズはハンドル、ポケット、キャスター等を含むので注意。

 

身の回り品とは

ハンドバッグ
文庫本
財布
ノートPC
コート

免税品

いずれか一つ。

個数

キャリーバッグ1個+身の回り品1個=合計2個

※ビジネスクラスの場合はキャリーバッグ2個+身の回り品1個=合計1個、14kg(キャリーバッグ1個が7kgまで)

重さ

キャリーバッグ1個+身の回り品1個=合計2個の重さの合計が7.0kgまで。

ただし「フレックスBiz」は合計10.0kgまで。

多くの航空会社は小数点以下は見逃してくれるところが多いが、ジェットスターは7.1kg以上は全て機内持ち込み不可となります。

受託手荷物

  • サイズは1片1m未満。それ以外は規定なし
  • 個数制限なし
  • 重さは有料で15〜40kgまで(1個の重量が最大32kgまで)

サイズ

受託手荷物の明確なサイズ規定はありません。

ただし1辺の長さが1mを超える場合は「サイズの大きな荷物」になり、追加料金が必要になります。

個数

個数制限はなし。

重さ

重さは選択するオプションにより異なる。

1個の荷物の最大の重さが32kgまで。それ以上の重さの場合は荷物を分割する必要がある。

 

ジェットスターの手荷物検査はいつ?

ジェットスターの手荷物検査は2回あります。

  • 空港のチェックインカウンター
  • 搭乗ゲート

手荷物検査1回目はチェックインカウンター

フライト当日に、チェックインの際に手荷物検査をされます。

受託手荷物がある場合は預けて、そのあとに残りの機内持ち込み手荷物の重量・サイズチェックをされます。

ここでオーバーが発見された場合は規定の料金を払って、機内持ち込み手荷物をプラス3kg分購入するか、受託手荷物15kg〜を購入するかのいずれかになります。

ただし、機内持ち込み手荷物をプラス3kg分は数に限りがあるので、断られる可能性もあり。

手荷物検査2回目は搭乗ゲート

ジェットスターは搭乗ゲートでも手荷物検査を行なっています。

たとえ、チェックインカウンターでうまくすり抜けても、搭乗の前に手荷物チェックが行われるので、手荷物のサイズ、重量オーバーしていたら、すり抜けるのは不可能です。

さらに、搭乗ゲートで受託手荷物が発生した場合は、もっとも高額な料金が課せられます。

受託手荷物の預け可能時間

受託手荷物預かりは出発の30分までになります。

それ以降に受託手荷物への預け入れが必要な手荷物が発覚した場合は、搭乗拒否になる可能性もあるので注意しましょう。

液体は100ml以上持ち込み不可

国際線の液体持ち込みは規定のルールを超えると、破棄することになります。

  • 100ml以下の容器に入っている
  • 1L以下のジップ付き透明なビニール袋に入れてある

医薬品、乳幼児のミルクや離乳食、その他特別に必要な食事とうに関しては、適用外になる。

手荷物の追加料金の一覧

機内持ち込み手荷物追加(プラス3kg) 受託手荷物をフライト当日追加する(受託手荷物を購入していない場合)
路線 日本国内 国際線 オーストラリア路線 日本国内 国際線 オーストラリア路線
予約と同時 760円〜1,560円 1,840円〜3,200円 950円〜2,720円 2,300円〜4,000円
購入後、オンライン 1,500円〜2,720円 3,000円〜4,000円前後 1,880円〜3,400円 3,000円〜4,500円前後
チェックインカウンター 3,000円 4,500円 50AUD 3,500円 5,000円 8,500円
搭乗ゲート 4,000円 5,000円 100AUD 4,000円 5,500円 8,500円

受託手荷物の重量オーバー

国内線

800円/1kg

国際線

1,500円/1kg

ジェットスター手荷物検査まとめ

フライト予約時に手荷物を追加購入するのが、一番割安でおすすめです。

ジェットスターの手荷物検査は厳しいので、少しでもオーバーしていると高い追加料金を取られます。

特に旅行の帰りのフライトは、お土産などで手荷物の重量が増えますので、余裕を持った手荷物重量の購入をおすすめします。

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
LCCジェットスター航空会社
Takeoをフォローする
世 界 一 周| 明日、旅に出る

コメント