シェアする

【ポーランド|クラクフ】アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所へのバス・電車での行き方、料金、開館時間

スポンサーリンク


1日1回のクリック応援よろしくー!ぽちっとするだけだから、押して❤️
ブログ村の順位上がるとテンションあがります(笑)

↓↓↓↓↓写真をクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


安い飛行機を検索するなら絶対これスカイスキャナーで航空券比較検索
いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。


アウシュヴィッツ・ビルケナウ(オシフィエンチム・ブジェジンカ)強制収容所へのバス・電車での行き方、料金、開館時間

第二次世界大戦が始まってナチスがポーランドに作った強制収容所。世界史におけるもっとも大量の虐殺が行われた場所のひとつ。特にユダヤ人が多く殺され、その様子は映画「シンドラーのリスト」で見ることができる。

ここには二つの強制収容所があってドイツ語でアウシュヴィッツとビルケナウ(ポーランド語でオシフィエンチムとブジェジンカ)のふたつがある。

博物館としてアウシュビッツが見て回ることができる。展示物や英語による説明書きも多くあるので先に見た方が理解が深まるかもしれないが、もしも、ガイドなしで訪れようと思っているならさきにベルケナウを見てからのほうがじっくり回れる。

アウシュビッツ博物館、ベルケナウは入場料無料だが、アウシュビッツ博物館は4/1〜10/31の夏季期間は8:00〜15:00まではガイド付きでのみ入場可能で、ガイドなしで無料で見たい人は15:00以降の入場になる。15:00以降もすぐ入れるわけではなく、チケットカウンターで入場時間を指定された整理券が必要になる。ガイドツアーは45ズウォティ(約1,500円)

なので、まず、アウシュビッツ博物館のチケットカウンターに行き15:00以降の入場整理券を入手してそのあとベルケナウへ見学に行き、ベルケナウの後にアウシュヴィッツ博物館をゆっくり見学するのがおすすめ。

アウシュヴィッツ・ビルケナウ間は無料のシャトルバスが1時間に1本程度、運行されている夏季は10分に1本ほど頻発。徒歩30分弱と歩けない距離ではない。

ベルケナウからクラクフに帰る場合は一度シャトルバスでアウシュビッツに戻って大型バスに乗るかオシフィエンチム駅まで歩いて、そこから電車に乗ってかえるかのいずれか。

dsc_0031時刻表
アウシュヴィッツ・ビルケナウ間は無料のシャトルバスで移動できる

アウシュヴィッツの場所

グーグルマップ

ベルケナウの場所

グーグルマップ

クラクフからの行き方

バスか電車で行くことが出来るが、バスのほうが早く、しかもアウシュヴィッツの敷地内まで行ってくれる。電車は2時間近くかかるし、駅からアウシュヴィッツまで1kmちょっとあって20分ほど歩くかバスを利用することになる。電車のほうが快適だが。

バス

クラクフのバスターミナルから大型バスとミニバスの2種類が出ている。

大型バスはバスターミナルの地上階から、ミニバスは地下階から。チケットはチケットカウンターもしくは車内でも買える。

dsc_0943ミニバス12ズウォティ

dsc_1008大型バス14ズウォティ

料金は大型バスが14ズウォティ、ミニバスが12ズウォティ

往復でも買えるが帰りの時間を指定しないといけないので往復で買わないほうがいい。
値段は変わらないから。

img_4795ミニバスの帰りの時刻

img_4830大型バス帰りの時刻

所要時間は1時間10分〜1時間30分ほど

クラクフのバスターミナルの場所

グーグルマップ

電車

クラクフ本駅からオシフィエンチムの駅まで1時間に1本程度。所要時間1時間40分〜2時間10分

チケットは駅のチケットカウンターで購入出来る。

クラクフ本駅

オシフィエンチム駅

開館時間

    8:00 AM – 2:00 PM December
    8:00 AM – 3:00 PM January, November
    8:00 AM – 4:00 PM February
    8:00 AM – 5:00 PM March, October
    8:00 AM – 6:00 PM April, May, September
    8:00 AM – 7:00 PM June, July, August

アウシュヴィッツ博物館

アウシュヴィッツ博物館の前にはインフォメーションセンターがあり資料が販売されていて、レストラン、カフェ、お土産屋、荷物預かり所がある。

dsc_0944チケットカウンター

img_4812入場時刻の入った整理券

アウシュヴィッツ博物館は大きなかばん持ち込み不可なので持ってきた人は荷物預け所にて3ズウォティで預かってもらおう。
dsc_1007鞄預かり所
8:00〜18:30

収容所の入り口ゲート

dsc_0950
「ARBEIT MACHT FREI」(働けば自由になる)の標語が掲げられていて、Bの文字が上下逆さま、上のほうが大きくふくらんでいて、これは収容者に作らせたらしいが反発の意味を込めてつくったのではないかといわれているが、この当時こういった書体が流行ったという説もある。

dsc_0951有刺鉄線には高圧電流が流されていて、絶望のあまりわざと感電死して人もいたらしい。

dsc_09582重に張り巡らされた有刺鉄線

dsc_0967いくつかの棟が展示室になっている。

dsc_0959

dsc_0960死の壁

dsc_0961ベルケナウ 死の門

dsc_0962不気味に飾られた囚人服

dsc_0969「過去を忘れる者は、同じ過ちを繰り返すものだ」ジョージ・サンターヤの格言

dsc_0970死への道

dsc_0971ここに連れてこられてすぐに殺された子供たちか。

dsc_0972ガス室で使われたチクロンBの缶

dsc_0973収容者から集められたメガネ

dsc_0974

dsc_0975

dsc_0976回収された食器

dsc_0978収容者の写真

dsc_0979子供服が痛々しい

dsc_0982トイレ

dsc_0985寝床

dsc_0986死の壁。ここでたくさんの人が銃殺された
dsc_0987いまでもたくさんの花がたむけられている

dsc_0990高圧電流を示す看板

dsc_0991建物の中。かつての檻が残されている。

dsc_0992人の名前と年月日。

dsc_0993立ち並ぶ収容棟

dsc_0994絞首刑の台
ここで複数人の人が絞首刑にあった。

dsc_0997合わせ鏡

dsc_1001ガス室

dsc_0998ガス室内部

dsc_0999焼却炉

ベルケナウ

ビルケナウ強制収容所はアウシュヴィッツ強制収容所よりかなり広大で有名な死の門がある。

鉄道の線路が敷地の中までのびていて、死の門をくぐって運ばれてきたら人たちが想像してしまう。

dsc_0005

dsc_0009

dsc_0018死の門がそびえる

dsc_0021列車の車両
これで人々が運ばれてきた

dsc_0024電流の流れている有刺鉄線

dsc_0026バラックが多く立ち並ぶ

以上です。

まともに見ると4時間はかかります。入場の待ちがあるので早めに行ったほうがいいです。

スポンサーリンク



ブログランキング ブログ村に参加しています。
1日1回のCLICKが順位に反映される仕組みです。
応援よろしく、お願いします☆

クリックしてから表示が切り替わってからはじめてワンカウントとなります。切り替わるまで少し時間がかかるけど、待っていただけるとうれしいです^^
↓↓↓↓↓写真をクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安い航空券を検索するなら絶対これスカイスキャナー

いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] アウシュヴィッツについて→【ポーランド|クラクフ】アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所へのバス・電車での行き方、料金、開館時間 […]