PR

2022年最新!パンガン島のフルムーンパーティ!場所・行き方、泊まる場所、楽しみ方を徹底解説

フルムーンパーティー タイ
この記事は約12分で読めます。

3,000円割引クーポン配布中!

海外航空券はSurprice(サプライス)がおすすめ
  • 3,000円割引クーポン配布中【6/17まで】
  • 日本の旅行会社HIS運営だから万が一のトラブルの時でも安心
  • 日本語で電話対応
  • ネットで簡単予約
  • 24時間予約OK

>サプライス公式ページへ

マリンちゃん
マリンちゃん

タイのフルムーンパーティーに行ってみたくて調べてるの。

  • 場所はどこ?
  • 現地までの行き方は?
  • どこに泊まればいいの?
  • 必要な持ち物は?
  • どんなふうに楽しめばいいの?

この記事では、「フルムーンパーティーについて知りたい」という人の疑問に答えます。

この記事を読むと、フルムーンパーティーについて、事前に知識をゲットできて、準備ができます。

この記事の信頼性
  • フルムーンパーティーに過去2回参加
  • 直近では2022年12月に参加
Takeo
Takeo

フルムーンパーティーに2回参加したことある僕が書いてます。なのでリアル体験談をもとにしてるので、信頼性抜群です!

 

この記事の内容
  • パンガン島のフルムーンパーティとは?
  • フルムーンパーティーの開催場所
  • フルムーンーパーティーの持ち物
  • フルムーンパーティの泊まる場所
  • フルムーンパーティーへの行き方

3,000円割引クーポン配布中!

海外航空券はSurprice(サプライス)がおすすめ
  • 3,000円割引クーポン配布中【6/17まで】
  • 日本の旅行会社HIS運営だから万が一のトラブルの時でも安心
  • 日本語で電話対応
  • ネットで簡単予約
  • 24時間予約OK

>サプライス公式ページへ

パンガン島のフルムーンパーティとは?

フルムーンパーティ

今回紹介するフルムーンパーティーとは、満月の日にタイのパンガン島で開催されるレイブパーティーです。

世界3大レイブパーティーの一つで、スペインのイビサ島、インドのゴア、そしてタイのパンガン島です。

一言で言うと、ビーチ沿いに特設ステージが数十メートルおきに作られ、音楽が流れていて、朝までみんなで踊り狂うパーティー。パリピしかいません。でも、パリピじゃなくても楽しめます。

服装はみんな蛍光色の服や帽子、アクセサリーを着けて、蛍光色のボディーペイントを多くの人がしています。

また、アルコールはバケツカクテルが有名で、ウィスキーなどのアルコールとレッドブルなどのミキサーを小さなバケツに入れたカクテルをみんなで飲むのがフルムーンパーティーのお決まりです。

ファイヤーダンスを見たり、ファイヤー縄跳び・ファイヤーリンボーダンス・ウォーター滑り台などのアトラクションも楽しめます。

とりあえず、騒いで踊って楽しむのがフルムーンパーティーです。

フルムーンパーティーの音楽ジャンル

パンガン島のフルムーンパーティーはオールジャンルです。EDM、ロック・ポップが中心です。

ビーチ全体が会場となっていて、ステージが軒を連ねていて、それぞれのDJが音楽を鳴らしています。音楽が気に入らなければ、隣に歩いて好きな音楽を探す感じです。

ただ、隣との音が混ざってしまうので、音楽好きの方は気になってしまうかもしれません。

フルムーンパーティーの入場料

フルムーンパーティーは入場料が200バーツ(約800円)かかります。

2019年は100バーツだったのですが、コロナのパンデミックを経て値上がりしてました。まぁ、環境保全などを考えると高くはないでしょう。

フルムーンパーティーはパンガン島のハードリンビーチで開催

フルムーンパーティはパンガン島のハードリン(Haad Rin Beach)で開催している。

ハードリンビーチはパンガン島の南東のビーチで、フェリーが着く港があるトンサラからソンテウと呼ばれる乗合トラックタクシーで100バーツ30分ほどの場所にある。

普段はひっそりとしたハードリンビーチだが、フルムーンパーティー前後にはたくさんの人が押し寄せて大変なことになっている。

また、フルムーンパーティー前後は宿の軒並み高騰してます。(宿については後述します。)

▼Google Maps

 

フルムーンパーティーはこんな人にオススメ?

 

  • レイブ好き
  • 馬鹿騒ぎ好き
  • 音楽好き

フルムーンパーティーはこんな感じ

ファイヤーダンスショーや参加可能なファイヤーリンボーダンス・ファイヤー縄跳びなどある。

ファイヤーリンボーダンス

ファイヤーリンボーダンス

ファイヤーリンボーダンスは意外と簡単なので挑戦してみよう

炎の縄跳び

ファイヤー縄跳びはやるとほぼ火傷します。自己責任で参加しましょう。

僕も参加して火傷しました。

フルムーンパーティー入り口

フルムーンパーティー入り口

ハードリンビーチに向かってものすごい人の数です。人の流れに沿って進めばフルムーンパーティーの会場にたどり着きます。

フルムーンパーティー

フルムーンパーティー

フルムーンパーティーの会場。23時頃行きましたが、人の数がすごかったです。

フルムーンパーティー海の中の特別席

フルムーンパーティー海の中の特別席

飲食店も多数出ているので困りません。

ビーチには沢山の飲食店が。

仮眠所

仮眠所

やばくなったら仮眠所へ行きましょう。安心して眠れます。

明け方前。

明け方前。

4時くらいから人が減って、ビーチで寝始める人が増えてきます。

風邪をひかないように気をつけましょう。

まるで戦争の後(笑)

ボディペイントに挑戦しよう

フルムーンパーティのボディペイント

フルムーンパーティー会場付近では至る所でボディペイントのお店が出ています。

料金は100バーツ〜大きさによって料金は変わってきます。

それぞれ、お店でサンプルが貼ってあるので、お気に入りを見つけて描いてもらいましょう。

フルムーンパーティーの入場料

フルムーンパーティーは入場料がかかります。

200バーツを払うとリストバンドをもらえます。2019年は100バーツでしたが、2022年12月に参加したら200バーツに値上がりしていました。

チェックゲート

チェックゲート(2019年)

フルムーンパーティーのリストバンド

フルムーンパーティーのリストバンド

フルムーンーパーティーの持ち物

  • 現金
  • スマホ

必要なものは現金とスマホ

現金はどうしても必要になりますが、必要以上に持って行かないようにしましょう。

落としたり、盗まれたりする可能性もあります。

  • 入場料100バーツ
  • バケツカクテル200バーツ〜
  • トイレ20バーツ
  • 水500cc20バーツ
  • 食事100バーツ前後

お酒の飲み方にもよりますが、1,000バーツあれば足りるでしょう。

持って行かないほうがいいもの

  • パスポート
  • 財布
  • クレジットカード
  • 多額の現金
  • 高価なカメラ

無くしちゃいけないものは持って行かないほうが無難です。

なぜなら、酔っ払って無くす可能性もありますし、スリに遭う可能性もあります。

なので、なるべく貴重品は持って行かないで、宿に置いていきましょう。

フルムーンパーティーの服装

ビーチパーティーなので基本的になんでも大丈夫です。

多いのは水着。もしくは水着+Tシャツというスタイル。

フルムーンパーティー会場には蛍光色で目立つフルムーンパーティー専用の服も売られています。フルムーンパーティ使用のタンクトップやTシャツは200バーツくらいで売られています。パリピな人はぜひ買っちゃいましょう。

2023年フルムーンパーティーの日程

フルムーンパーティーはその名の通り満月の日に開催されます。

ただし、タイの祝日、仏教の日などがある場合は満月の日から前後する。

1月 6日(金)
2月 5日(日)
3月 7日(火)
4月 5日(水)
5月 4日(金)
6月 4日(日)
7月 2日(日)
8月 3日(木)、31日(木)
9月 29日(金)
10月 30日(月)
11月 27日(月)
12月 31日(日)

パンガン島の季節

雨季は10月~1月になります。2022年12月にフルムーンパーティーに参加しましたが、残念ながら1日のほとんどが雨。さらに夜中まで雨で、ちょっと残念なフルムーンパーティとなってしまいました。

晴れた日を目指していくなら2月〜6月がベストでしょう。

7〜9月もそこまで雨は降りません。さらにサマーホリデーシーズンで、とっても盛り上がるシーズンなので、人がたくさんいて楽しいフルムーンパーティーになることでしょう!

バンコクからパンガン島への行き方

  • 飛行機+フェリー
  • バス+フェリー
  • 寝台列車+フェリー

値段と時間とを加味してベストな移動方法を選びましょう。

バンコクからパンガン島への行き方!バス・寝台列車・飛行機+フェリーを時間と料金で徹底比較
バンコクからフルムーパーティーで有名なパンガン島へ行くのに行き方を知りたいです。 飛行機、バス、列車を使う方法と色々あるけどそれぞれの料金・所要時間を知りたい。 こういった疑問にお答えします。 この記事でわかること パンガン島へはフェリーが...

フルムーンパーティの滞在先

フルムーンパーティーの際にはどこ滞在すべきか。

  • ハードリン
  • トンサラ
  • サムイ島

この3つがおすすめ

ハードリンビーチ

一番楽なのは、フルムーンパーティーの会場になるパンガン島のハードリンビーチエリア。行きも帰りも徒歩で移動できるので、酔っ払った後でもすぐに帰れるのがメリット。

ただし、フルムーンパーティ前後はハードリンビーチエリアの宿泊施設は2倍、3倍に価格が軒並み高騰する。ドミトリーで1泊3,000円以上とかちょっと無理。

  • フルムーンパーティーへは徒歩でいけるので行き帰りが楽
  • 価格が高い
  • バックパッカーエリアなのでなんでも揃っている
  • トンサラ港からはソンテウかレンタルバイク

トンサラ港〜ハードリンビーチまでの間

値段も比較的に手頃で、ハードリンビーチまでのアクセスもソンテウまたはレンタルバイクでそんなに遠くない30〜10分の距離。

あまり発展していないエリアなので、滞在中はレンタルバイクがあるとちょっと出かけたりするのに便利。

特におすすめはシーナリービーチ周辺。

安いところだと3,000円ほどで個室に二人で泊まれる。

  • 場所は不便なのでレンタルバイクがおすすめ
  • 値段は比較的安い
  • ハードリンビーチまで比較的近い

トンサラ港

トンサラ港はフェリーの発着する港でパンガン島の繁華街になります。

いろんなお店が集まっているので宿泊するのに便利。

ソンテウはオールナイトで運行しているので、フルムーンパーティーのハードリンビーチまでのアクセスも問題ない。

ハードリンビーチまでソンテウで30分。

  • 港から徒歩圏内
  • 繁華街なので、比較的なんでも揃う
  • ハードリンビーチまでソンテウで30分

【Booking.com】でホテルを予約する

サムイ島

一番快適に過ごすならサムイ島が発展していておすすめ。

同じ値段を払って泊まるなら、サムイ島のほうがかなり良い宿泊施設に泊まれる。

ただし、フルムーンパーティーが終わった後に帰るのにフェリーに乗るのが面倒臭い。

サムイ島とのフェリーは1時間毎にオールナイトで運航している。

    • 宿泊施設はコスパ的に最高
    • 周辺も発展していて便利
    • パンガン島のハードリン港までフェリーで直行
    • サムイ島には空港があるのでバンコクから1時間ほどで来れる
    • 帰りのフェリーとサムイ島のホテルまでの移動がだるい

おすすめはフェリーターミナルの近く。

【Booking.com】でホテルを予約する

サムイ島〜パンガン島のフルムーンパーティー当日のフェリー

フルムーンパーティーの当日には特別フェリーが増便して夜通し運行している。

往復料金は1,400バーツ

料金に含まれているもの
  • 高速ボート往復
  • ホテルへの送迎(行き帰り)

行き:サムイ島→パンガン島:送迎18:00〜23:00の間1時間毎、1時間後の船に乗船

帰り:パンガン島→サムイ島:ハードリン発1:00〜7:00(時間指定不可)

帰りは、ハードリンのボート乗り場に行けば乗れます。混んでれば待つことにはなる。時間指定予約ができないので、帰りたい時にボート乗り場に行けばOK。混むのは2〜4時くらい。

申し込みはホテルのフロントに言えば手配してくれる。

フルムーンパーティーへの移動方法

フルムーンパーティー当日はパンガン島内からハードリンビーチへはソンテウを利用しましょう。

フルムーンパーティー当時はソンテウが24時間たくさん走っているので、いつでも捕まえられる。料金は片道100バーツ。

レンタルバイクで行くのはおすすめしない。なぜならハードリンビーチ手前はとんでもなく急な登りくだりがあって、酔って運転するのは危険。

さらに、ソンテウが対向車線にはみ出してやってきたりするので大変危険です。

フルムーンパーティーで注意すべきこと

  • スリ
  • ナンパ
  • 喧嘩
  • 薬物

スリに注意

スリ被害が多くあります。

貴重品は持っていかないこと。できればスマホも宿に置いておきたいところ。必要最低限な現金があればOK!

ナンパに注意

酔っ払っていたり、きまっていたりする人が沢山います。

声かけられてもついていかないようにしましょう。

喧嘩に注意

お酒が入っていてどうしても喧嘩が発生してしまいます。

喧嘩が起こったら速やかにその場から離れましょう。

薬物に注意

タイではコロナ禍にマリファナが解禁されました。ただし、これはタイ人がOKで、外国人にはOKしていません。とはいえ、誰でも購入できます。

フルムーンパーティでも吸っている人たくさんいました。お店もパンガン島のハードリンビーチの商店街にあります。

マリファナは日本ではNGになるし、他にも違法薬物が出回っている可能性がなくもないので気をつけましょう(僕はタイで目撃したことありませんが)

フルムーンパーティーまとめ

これからフルムーンパーティーへ行こうと考えている方は、ぜひ行ってみて!

めちゃくちゃ楽しいお祭りです。

僕自身はクラブに頻繁に行くタイプではないですが、タイのフルムーンパーティーは誰でも気軽に楽しめるパーティーです。踊らなくても楽しめるし、お酒飲まなくても楽しめます。

 

コメント

  1. […] パンガン島のフルムーンパーティ!場所・行き方、泊まる場所、楽しみ方を徹底解説パンガン島のフルムーンパーティーに行ってきました。2019年の日程、持ち物、行き方、おすすめの宿 […]