LCCとは?LCCの不安と安さの秘密、特徴と注意点、メリットとデメリットを徹底解説


【海外旅行航空券の最安値を探す方法】

スカイスキャナーなら航空会社、旅行会社を一括検索できるから安い航空券が見つかる。

しかも手数料無料!日付を指定せずに一番安い日の出発日を探せるから便利!



【海外旅行航空券の最安値を探す方法】

スカイスキャナー
なら航空会社、旅行会社を一括検索できるから安い航空券が見つかる。

しかも手数料無料!日付を指定せずに一番安い日の出発日を探せるから便利!


スカイマークの手荷物 LCC

海外旅行に行くって決めて航空券を買う際によく聞くLCC

海外旅行に行くって決めて航空券を買う際によく聞くLCCとは何ですか?安いから不安です。安全性やなんか怪しかったり、フライトの欠航や遅延が多い??

LCCがなぜ安いのか、LCCの特徴とか注意点を教えてください。

こういった疑問にお答えします

  • LCCとは?ANAやJALとの違いは?
  • LCCの安さの秘密
  • LCCへの不安は必要ない
  • LCCの特徴
  • LCCの注意点
  • 日本就航のLCC一覧
スポンサーリンク

LCCとは?どういう意味???

LCCは「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の略。日本語でLCCの事を「格安航空会社」と呼んだりもします。

2000年代、2010年代でLCCは一気に増えました。

ANAやJALは???

LCCに対して、ANAやJALなどの航空会社はレガシーキャリア、またはフルサービスキャリア「FSC(Full Service Carrier)」と呼ばれます。

LCCの安さの秘密

LCCの安さの秘密は余計なサービスを徹底的に排除した経営システム。

LCCはANAやJALなどの無料サービスをほぼ有料にしているから安いんです。

決して、安全面で手を抜いているからではありません。

そして、空席によって航空券の値段を変えるダイナミックプライシングを導入しているので、閑散期にはびっくりするような値段で航空券が買えます。

LCCへの不安は捨てましょう

LCCだからといって変に不安を持つ必要はありません。

LCCの安全性

LCCが事故を起こしやすいということはありません。

LCCにしろ、レガシーキャリアにしろ安全性は航空会社によります。

2018年度の航空会社の安全度ランキング(AirlineRatingsの格付け)によると、最高ランク7点がつけられたLCCがいくつもあります。

  • マリンドエア(マレーシア)
  • ティーウェイ航空(韓国)
  • 春秋航空(中国)
  • 香港エクスプレス(香港)
  • イースター航空(韓国)
  • ジェットスター(オーストラリア)
  • ウエストジェット(カナダ)
  • ジェットスター・アジア(シンガポール)
  • インテルジェット(メキシコ)
  • ジンエアー(韓国)
  • チェジュ航空(韓国)

など。LCCで僕自身が理解していない航空会社はピックアップしていません。

これだけ、LCCが最高点数をつけています。

つまり、LCCだから全て安全じゃないとは言えず、航空会社次第です。

怪しい

LCCだからと言って怪しくはありません。

聞いたことない航空会社だと不安になるかもしれませんが、問題ありません。

なぜなら、毎日たくさんのLCCが運行していて、1日に何十万、何百万もの人を安全に運んでいます。

LCCの特徴

それではLCCとはどんな航空会社なのか特徴を説明します。

LCCとはローコストキャリアでコストを徹底的に削減して低料金にしています。

つまりサービスを必要最低限にしています。

とにかく安い

LCCはとにかくレガシーキャリアよりとにかく安いのが唯一にして最大の売りです。安く旅行に行きたい方にはぴったりですね。

特にヨーロッパはLCCが盛んで、国を跨いでも1,000円前後で片道で買えたりします。

日本でもベトジェットが定期的に片道100円のプロモーションセールをしていますね。そういったセールを利用すればかなり安く海外旅行に行けるのがLCCの最大の魅力です。

深夜・早朝便が多い

これはLCCのメリットであり、デメリットでもあります。

なぜなら、フライトの出発時間によっては当日朝に家を出発しても間に合わない(到着時刻によっては電車やバスで家までその日に帰れない)地域が出てくるからです。

つまり、前泊や後泊する必要が出てしまう、都合の悪いスケジュールだからです。

ただし、裏を返せば、現地に長く入れるスケジュールでもある、もしくは会社終わりに空港に行っても出発時刻に間に合うスケジュールなので、使い方によっては便利です。

これは少しでも安くするために機材のスケジュールが空いている深夜と早朝も運行しているためですが、実際は昼の時間帯も休まず飛ばしていて、深夜や早朝などはANAやJALなどのレガシーキャリアがあえて飛ばさない時間帯(利用客にとって空港への行き来が微妙な時間帯)もさらに運行しています。

深夜や早朝は利用客が少なく、価格が安くなりがちです。

シートが狭い

LCCのシートはANAやJALなどのレガシーキャリアに比べてシートが狭いです。

なぜなら、1つの機体でより多くの乗客を乗せた方が安くなるからです。

ただ、日本から韓国・中国・香港・台湾へ向かう1〜3時間ほどの短距離路線では小さめの機材を使用して、シートピッチも確かにかなり狭くなっていますが、日本からタイやマレーシア、インドネシア、ハワイなどの中距離路線ではシートも少し広めに設計されていて、そこまで窮屈さを感じません。

また、短距離路線は狭いですが、時間があっという間なので、我慢に耐えれると言えます。

体の大きい方はぜひ通路側を選んだ方がいいと思います。

有料だからといって、体の大きい人が座席指定せずに、真ん中の席になってしまうとかなり狭い思いをします。(隣に座った人も)

荷物が有料

LCCは預け荷物が有料です。またはついていても、レガシーキャリアでは23kgが2つまで無料のところが多いですが、LCCは15kgが1つまでだったりします。

料金が安い代わりに預け荷物を持ち込む人は課金される仕組みになっています。

機内持ち込み荷物だけで旅行できるのであればかなり安く済ませることができます。

ただし、機内持ち込みの重量が厳しくチェックされて、オーバーした場合にはかなり高い追加料金を請求される可能性があるので注意が必要です。

▼機内持ち込みに適したバッグ

ドリンク・機内食が有料

ほとんどのLCCではドリンク・機内食が有料です。

レガシーキャリアでは無料で提供されますが、これもLCCのコスト削減、低料金のための仕組みです。

食事やドリンクがセットになったフライト料金が用意されている場合もあるので、必要であればそちらを事前に購入した方がお得になります。

また、多くのLCCで機内への食事やドリンクの持ち込み、機内でそれを食べる・飲む事を禁止している会社が多いです。

僕が知っている限りだとスクートはかなり厳しく注意されますので、気をつけてください。

遅延や欠航に対する保証がない

LCCは遅延や欠航したとしても何もしてくれません。

レガシーキャリアであれば、遅延や欠航の際にホテルや食事を無料で提供してくれたり、遅延に対して食事やついた後の空港からの移動費(タクシーなど)を支給してくれます。

LCCは、有料で保険代を払う事で保証をつけてくれます。

保険をつけない限り、LCCには遅延や欠航したとしても何もしてくれないことを覚えておきましょう。

LCCは設備がシンプル

LCCはレガシーキャリアなら通常ついているような中距離以上のフライトでも映画などを見られるエンターテイメントスクリーンがついていないのが通常です。

自分で暇つぶしの道具を用意する必要があります。

マイレージがない

LCCは世界のマイレージグループ(スターアライアンス・ワンワールド・スカイチームなど)に参加していません。

マイルをためている人には不向きかもしれませんが、それ以上に価格が安いのがLCCの魅力です。

LCCの注意点

LCCの特徴と重複するポイントもありますが、LCCを利用する上で注意すべき点を紹介します。

LCCを予約してこんなはずじゃなかったーって思わないように注意点をよく読んでいただければと思います。

シートが狭い

LCCはシートが狭いんです。幅よりも前後のシートピッチが狭いのが特に気になるかもしれませんが、短距離路線なら、すぐについてしまうので気にならないかと思いますが、体の大きい人はちょっと気になってしまうかもしれません。

機内食・ドリンクが有料

LCCによりますが、全て有料で何も出てこないことが多いです。

もし飲みたい、食べたいならお金を払って機内で購入する必要があります。

食べ物・飲み物は持ち込み禁止のLCCが多いので気をつけましょう。

日本〜バンコク、日本〜マレーシアなどの長時間フライトはお腹が空いたり、喉が渇くので、機内で何か買いたくなるかもしれません。

機内では大きなお札に対してお釣りを用意していないことが多いので、1,000円前後は用意しておいたほうが良いでしょう。

もしくは事前にインターネットで予約・購入しておくのが安く済んでおすすめです。

時間に対して厳しい

LCCは時間に対して厳しいです。

なぜなら、LCCは少ない人員・少ない機材で多くのフライト・乗客を運んでいます。

チェックイン時間も搭乗時間もギリギリでやっているので、チェックイン時間に遅れたり、搭乗時間に遅れた場合は融通がきかずに、搭乗できない可能性があります。

レガシーキャリアでは国際線出発時刻の30分前についても、スムーズに搭乗口まで通してくれることもありますが、LCCではありえないと思っておきましょう。

LCCは時間に厳しいので、余裕を持って空港に行きましょう。

LCCは搭乗ゲートが遠い

LCCは搭乗ゲートが遠いのが一般的です。

日本で言えば、ANAやJAL、外国のレガシーキャリアがセキュリティチェックを抜けたところから近くのゲートを優先的に使っているので、LCCは不便な遠い搭乗ゲートになっています。

広い空港では、セキュリティチェックを抜けたところから搭乗ゲートまで15分以上かかったりすることもあります。

この点からもLCCに乗るときは、余裕を持って空港に行きましょう。目安は国際線で出発時刻の2時間前ですが、僕は3時間前をおすすめします。交通事情で遅れてもまだ余裕を持ってチェックインできるからです。

また、プライオリティパスを持っているとセキュリティテェックを終えてから搭乗時刻の待っている時間を、無料で空港ラウンジで食事したり、飲みものを飲んだりして、くつろげます。

参考記事:プライオリティパスを無料で作る方法

前泊・後泊もしくはタクシー移動が必要になる

LCCでは深夜や早朝など不便な時間帯のフライトがよくあります。

そして、そういった時間のフライトは安いので選びがちです。

そういった時間のフライトは公共交通機関を使えないので、誰も選ばない。だから安いのが理由だったりします。

そういった時間のフライトを利用する場合、早朝出発なら前泊やタクシーを利用する必要が、到着が深夜なら後泊やタクシーを利用する必要が出てくる場合があります。

深夜・早朝の便は前泊・後泊・タクシー利用が必要になったら、余計な出費になります。

その点も踏まえてLCCのフライトを予約しましょう。

欠航に対して何もケアしてくれない

LCCはフライトが航空会社の都合でキャンセルや遅延して、こちらの乗り継ぎができなくなったり、公共交通機関で移動できなくなったりした時でも、ホテルや食事、移動費など一切ケアしてくれません。

レガシーキャリアであれば、こういったトラブルの際には、ホテルや食事、移動費などを用意してくれます。

LCCはこういったトラブルに関して一切保証しない代わりに低価格を実現しています。

ただし、多くのLCCで保険を追加で購入することでこういったトラブル時もカバーしてくれます。

LCCを使う際に万が一の保証が気になる方は、LCCの保険を追加で購入しないと、トラブル時に何にもケアされないので気を付けましょう。

荷物に対して厳しい

LCCは荷物に対して厳しいです。

一つ目は預け荷物が有料だったり、預けられても15kgまでなど重量がレガシーキャリアの23kgに比べて軽かったりします。

預け荷物を予定している場合は事前に確かめて、付いていないなら追加料金で購入する必要があります。

2つ目は機内持ち込み荷物が厳しいんですが、これはまず重量が多くのLCCで7kgまでの制限になっています。

レガシーキャリアでは10kgまでのところが多いでしょう。

LCCは機内持ち込みに対して徹底したチェックをしていて、少しでもサイズや重量をオーバーした場合は追加料金を徴収する場合があります。

LCCは荷物に対して厳しいので、LCCを利用する際は機内持ち込みのバッグには気を付けましょう。

マイルがない

多くのLCCではマイルがありません。

マイレージシステムはレガシーキャリアの顧客囲い込み商法ですが、LCCは全てを低価格にコミットしています。

なのでマイルを貯めたい人にはLCCは不向きですが、それ以上の価格の安さが LCCの魅力です。

日本就航の日本のLCC一覧

ピーチ・アビエーション

ANA傘下のLCC

関西空港をメインに日本国内線・国際線近距離を運行している。韓国、中国/上海、台湾、香港、タイ/バンコクへの国際線を運行している。

ジェットスター・ジャパン

オーストラリアのレガシーキャリアのカンタス航空系のLCCでJALも出資している。

日本国内線と日本〜アジアの国際線を運行。

上海、台北、香港、マニラへの国際線を運行している。

バニラエア

ANAが100%出資しているLCC。元々はANAとエアアジアが共同出資で設立した旧エアアジア・ジャパンですが、合弁を解消、エアアジアが抜けたのが今のバニラエアです。

関空のピーチに対して、こちらは成田空港を拠点としている。

日本〜海外を結ぶ国際線は

台湾と香港へ運行しています。

春秋航空日本

中国初の民間LCCが日本の企業との共同出資で日本に進出。

成田拠点に広島・佐賀などのマイナー路線を国内線で運行しています。

国際線は成田〜中国の武漢、重慶、天津、ハルビンへ運行しています。

エアアジア・ジャパン

ANAとの合弁解消後、一時日本から撤退していましたが、2014年に再度日本に進出してきたのが、今のエアアジア・ジャパンです。

国際線はエアアジア ジャパンとしては中部〜台北/桃園のみ。

エアアジアグループが日本路線を最近は国際線と次々と就航している。

独自マイレージをもっていて、マレーシアやタイのエアアジアとグループなので乗り継ぎでいろんな国へのアクセスがしやすいのがメリット。

羽田からの深夜便でマレーシアに行く便が時間的にも料金的にも使い勝手が良い。

エアアジアXの日本〜海外の路線

  • 羽田〜クアラルンプール
  • 関空〜クアラルンプール、ホノルル、台北/桃園
  • 新千歳〜クアラルンプール
  • 福岡〜クアラルンプール

タイ・エアアジアの日本〜海外の路線

  • 成田〜ドンムアン
  • 関空〜ドンムアン
  • 中部〜ドンムアン
  • 新千歳〜ドンムアン
  • 福岡〜ドンムアン

スカイマーク

日本のLCCの草分け。

羽田と神戸を拠点として、札幌・福岡・那覇などのドル箱路線を運行している。

一度は民事再生法を申請したが、会社は継続して、現在は順調に経営を続けている。

預け荷物が3個まで無料だったり、欠航の際には他社にも振り替えてもらえるなど、LCCとは言えないサービスを提供しています。

エア・ドゥ

ANAの傘下。

札幌と羽田を拠点に、札幌〜羽田・仙台・神戸、羽田〜旭川・函館・とかち帯広・釧路・女満別など北海道への便に富んでいます。

預け荷物は20kgまで無料。

ソラシドエア

ANAの傘下。

九州各地と羽田・那覇を結ぶ路線を運行。

預け荷物は20kgまで無料。

スターフライヤー

北九州空港を拠点とするLCC。ANAの傘下。

シートは革張りでシートピッチも広い。

預け荷物は20kgまで無料。

LCCとは呼べない地方航空会社。

フジドリームエアラインズFDA

現在は、名古屋の小牧空港を拠点として、九州、東北、新潟、北海道などの路線を運行している地方中心の航空会社。

実際はLCCとは分類されにくい。

機内サービスではドリンクや軽食、シートもLCCよりゆったりしています。

アイベックス

ANAの傘下。

仙台・伊丹・成田を拠点にしている。

50〜70席の小型機を運行している。

ANAが搭乗手続きも案内もしているのでLCCとは言えない。

日本就航の海外のLCC一覧

チェジュエアー

韓国のLCC。

日本〜海外の路線は

  • 成田〜仁川、テグ、釜山、務安、グアム
  • 関空〜金浦、仁川、釜山、清州、務安、グアム
  • 中部〜仁川
  • 福岡〜仁川、釜山
  • 那覇〜仁川、釜山
  • 新千歳〜仁川
  • 静岡〜仁川
  • 松山〜仁川
  • 鹿児島〜仁川、テグ

エアプサン

韓国のLCC。釜山拠点

日本〜韓国の路線は

  • 成田〜テグ、釜山
  • 関空〜テグ、釜山
  • 中部〜釜山
  • 福岡〜テグ、釜山
  • 新千歳〜テグ、釜山
  • 富山〜釜山

イースター航空

韓国のLCC。仁川空港が拠点。

日本〜韓国の路線は

  • 成田〜仁川
  • 関空〜仁川、釜山、清州
  • 福岡〜仁川
  • 那覇〜仁川
  • 新千歳〜仁川、釜山、清州
  • 茨城〜仁川
  • 宮崎〜仁川
  • 鹿児島〜仁川

イースター航空の預け荷物 

ジンエアー

韓国のLCC。大韓航空の傘下。

日本〜韓国の路線は

  • 成田〜仁川
  • 関空〜仁川、釜山
  • 福岡〜仁川
  • 北九州〜仁川、釜山
  • 那覇〜仁川、釜山
  • 新千歳〜仁川、釜山

ティーウェイ航空

韓国のLCC。

日本〜海外の路線は

  • 成田〜仁川、テグ、済州
  • 関空〜仁川、テグ、済州、釜山、グアム
  • 中部〜仁川、済州、グアム
  • 福岡〜仁川、テグ
  • 北九州〜務安
  • 佐賀〜仁川
  • 大分〜仁川
  • 熊本〜仁川
  • 鹿児島〜仁川
  • 那覇〜仁川、テグ
  • 新千歳〜仁川、テグ

スクート

シンガポールのLCC。

日本と海外を結ぶ路線は

  • 成田〜台北/桃園、シンガポール、ドンムアン
  • 関空〜台北/桃園、高雄、シンガポール、ドンムアン、ホノルル
  • 新千歳〜台北/桃園、シンガポール

タイガーエア

台湾のLCC。日本の地方都市も網羅して台北路線を運行している。

日本と台湾を結ぶ路線は

  • 台北/桃園〜羽田、成田、関空、中部、福岡、旭川、函館、花巻、仙台、茨城、小松、岡山、佐賀、那覇
  • 高雄〜成田、関空、中部、福岡、那覇

セブパシフィックエア

フィリピンのLCC。マニラとセブ島の拠点。

日本とフィリピンを結ぶ路線は

  • 成田〜マニラ、セブ
  • 関空〜マニラ
  • 中部〜マニラ
  • 福岡〜マニラ

香港エクスプレス

香港のLCC。香港と日本のかなりの空港との間で運行。

日本と香港を結ぶ路線は

  • 香港〜羽田、成田、関空、中部、福岡、広島、高松、熊本、鹿児島、下地島、石垣

マリンドエア

新千歳〜台北

ベトジェット

ベトナムのLCC。

日本とベトナムを結ぶ路線は

  • 成田〜ハノイ、ホーチミン
  • 関空〜ハノイ、ホーチミン

ライオンエア

タイのLCC。

日本とタイを結ぶ路線は

  • 成田〜バンコク/ドンムアン
  • 関空〜バンコク/ドンムアン
  • 中部〜バンコク/ドンムアン
  • 福岡〜バンコク/ドンムアン

LCCまとめ

LCCは便利に使えば、快適に、安く、いつでも、気軽に海外、国内移動ができます。

上手に使って旅行の幅を広げましょう。

スポンサーリンク
ホテルの予約はエクスペディアがおすすめ!
ホテルの予約はエクスペディアがおすすめ!

記事が参考になった!面白かったって思っていただけたら、下の写真をクリックして、ブログ村のランキングへの応援お願いします。ランキングが上がるとやる気がもらえて、また記事を書くためにエネルギーになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事が参考になった!面白かったって思っていただけたら、下の写真をクリックして、ブログ村のランキングへの応援お願いします。ランキングが上がるとやる気がもらえて、また記事を書くためにエネルギーになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LCC
スポンサーリンク
ashitabiをフォローする
世 界 一 周| 明日、旅に出る

コメント