【ハンガリー|ブダペスト】国宝マンガリッツァ豚とキャッシュレスで病院受診 ’16.9.30(世界一周12ヶ月と30日目)

マンガリッツァ豚 カジノ
マンガリッツァ豚
この記事は約4分で読めます。

朝ゆっくり目に起きてきた

肌の調子が悪いので昼から病院に行こうと思って、保険会社に連絡した。
ブダペストキャッシュレスで受診出来る病院を教えてもらう。

スポンサーリンク

食べられる国宝:マンガリッツァ豚

ドミが一緒のたくみ君が今日はチェックアウト。500フォリント(約125円)しかないのでどうしようかなーってつぶやいていた。そしたら、管理人の金子さんが一言
「そのお金でうまいもの食わしてやろうか?」

え???なんかおいしいもの食べれそう。

すかさず、僕も参加させてもらうことに。

ハンガリーの国宝豚、マンガリッツァ豚の肉があるらしい。

よくわからんけど、めちゃくちゃうまいとか。

ググってみたら・・・

国宝のマンガリッツァ豚とは

1.食べられる国宝

2.祖先がイベリコ豚

3.高級レストランで使用

4.牛肉のような肉質

5.霜降りが多い

6.柔らかい

7.伝統的な飼育方法

8.ヘルシー

9.高い栄養価

mangalitsas
こんな羊みたいな毛をしたかわいい豚。

 

あとで登場しますけど、これが食べたいがために、旅行日程を削ってアンダンテホステルに滞在したツワモノ?もいました(笑)

金子さんはこれをステーキにしてくれました。

img_4461
このお肉!まるでビーフ!

そして焼いてもらいました。

img_4624
もう見た目からうまそう。

なかは完全なレアで赤かった。ちょっとびびってましたけど、食べてみたら。

うまぁ❤️

しかも白米と生野菜も付けてくれたんです。

大満足でした。

ハンガリーにきたら是非マンガリッツァ豚試してみてください。
ただ、レストランで食べるとそれなりにいいお値段すると思いますよ。

ブダペストでキャッシュレス受診の出来る病院へ

病院は川を渡った反対側のRozsakert Medical Centerって病院でした。

img_4439
ショッピングモールの3Fにありました。

アンダンテホステルからはトラムとバスを乗り継いでいきました。トラム350フォリントとバス450フォリント
約30分で到着。歩くと1時間なので歩いてもいけます。

海外旅行保険でキャッシュレス受診を受ける場合は最初に保険会社のシートを記入します。基本日本語で大丈夫です。

僕は金子秀人損害生命保険事務所ってバックパッカーに有名なところで申し込んでいたので、損保ジャパンの契約になっています。

順番がきて、医者に診てもらいましたが皮膚科の専門医じゃないから明日また来て、皮膚科の先生に診てもらったほうがいいと言われました。明日の午前にまた出直すことに。

病院詳細

【医療機関】Rozsakert Medical Center
【住所】Rozsakert Shopping Center 3rd Floor, Gabor Aron u. 74-78/a , Budapest Hungary [ 1026 ]
【電話番号】(+36)139-205-05
【持参物】保険契約証、身分証明書
【治療費用について】上記医療機関での治療費はキャッシュレスのお手続きを行っております。

場所


グーグルマップ

帰りはせっかくなんで歩いて帰ることに。

ブダペストの夜景

トワイライトの街が綺麗。

img_4620
ハンガリーの国会議事堂。
まるで王宮

img_4618
有名なくさり橋

img_4607
くさり橋からみたドナウ川と夜景

img_4605
何気なく写真撮ったけど、これは5つ星ホテルだったみたい。

img_4603
ブダ側の丘。

img_4602
ワイングラスで演奏しているおじさん。

ブダペストのカジノ

img_4441
カジノへ寄る。

ブラックジャックを打って、今日は終始調子よく、プラス38,000フォリントプラスで終わる。

ブダペストのカジノ

【ハンガリー|ブダペスト】カジノのミニマムベットとゲームの種類
ハンガリーのブダペストにあるカジノを紹介。ミニマムレートは低め、24時間のところがほとんどで、blackjack、バカラ、ルーレット、ポーカーなどあり。

帰りに夕食を食べて帰ることに。

img_4601
ハンガリーフードと思しき豚と玉ねぎを炒めたものとパン。
若干食べづらかった。それとビールで3,200フォリント

今日の出費(レート 2.5フォリント=約1円)

食費3,700フォリント=1,480円
宿3,100フォリント=1,240円
その他0フォリント=0円
交通費800フォリント=320円

合計3,040円
旅の累計1,931,653円

コメント

スポンサーリンク