シェアする

海外旅行でのテロ対策、危険情報をいち早く得る方法

スポンサーリンク


海外旅行でのテロ対策

今日の朝テレビでテロ対策についてやっていたので、僕が海外旅行をしていて思ったことをふまえてテロ対策についてまとめました。

旅に出る前にやっておくテロ対策

行き先について調べる

そもそも、訪問する国が大丈夫かをまず考える。時には海外旅行を中止するのも大切。
危険情報は外務省のHPを参考にhttp://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省のたびレジに登録しておく

いざという時、在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム。

「たびレジ」に登録すると

お役立ち情報の提供

たびレジに旅行日程を登録すると、旅行先在外公館の連絡先や、旅行先国の海外安全情報などが見られる。

緊急時の情報提供

旅行先の国・地域で緊急事態が発生した時には、登録した電話番号や、宿泊先を基に、緊急時の連絡を行ってくれる。

緊急時の連絡

万が一テロ等が起きた場合、いち早く情報が得られる。非常事態宣言になったら、その国からの退避方法も

たびレジHP:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

スポンサーリンク


テロに会わないためのテロ対策

人がたくさん集まる場所にはなるべく近づかない

駅や空港、繁華街など人が多い場所はテロの標的になりやすいのでなるべく近づかない。観光地などはどうしても人が多いし、せっかくだから行きたいのが本音。どうしても行く場合は細心の注意を払って早めに立ち去る。

テロに会っても助かるためのテロ対策

爆発テロ対策には宿泊するホテルの部屋を6〜13階に指定する

ホテルの階を指定してホテルの中で被害に会わないようにしよう。6階以上なら爆破テロがあっても届きにくい。また、13階までならたいていの国のはしご車が届く高さだから。

階を指定してホテルを予約

Booking.com

Hotels.com

非常口を常に意識する

レストランなどでは非常口など正面入り口以外の避難経路があるか確認しておく。万が一の時に逃げる場所を頭に入れておく。

ガラスが多い場所は避ける

爆破テロが起こると割れたガラスが飛んできて大変危険!ガラスの建物の近くにはなるべく居座らない、近づかない。

水・食料を携帯する

万が一テロにあった場合は水・食料が手に入らなくなる場合もあります。そうなった時、救助がくるまで少しでもながく生きながらえるために水と食料を携帯することは大切です。水はいくらあっても困らないので、重いけど常に携帯しておくこと。食料も小さなお菓子でいいから常にカバンに入れておくと良い。

スポンサーリンク


爆破テロの時は伏せろ!

爆破テロがあった場合はまず、床に伏せること。できれば爆破方向に足を向けて頭はカバンなどで守る。頭部と首を守れば致命傷は避けやすい。

まとめ

長く海外旅行をしてきましたが、一度も危険な目には会うことはなかったです。ただ、ここでテロが起きたらたくさんの人が死ぬんだろうなっていう人ごみには何度もいました。頻繁にテロは起きるわけではありませんが、いつどこで起きてもおかしくないように備えておくのが大切です。恐れずに、準備をして海外旅行に出かけましょう!

↓↓↓↓↓写真をクリックで1票ブログ村のランキングに入ります。順位上がるとめっちゃ僕が喜びます。クリックしてくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓ほかの旅人の情報↓にほんブログ村

安い航空券を検索するなら絶対これスカイスキャナー

いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク