スクートの口コミと評判まとめ|最悪?快適?【搭乗レビュー有り】

scoot_cabin_baggage_3kg LCC
この記事は約6分で読めます。

今回は、だいぶ浸透してきたLCC(格安航空会社)のスクートについて書きますね。

スクートってあんまり名前も聞いたことない航空会社だけど、大丈夫かなぁ

LCCってどうなの?

スクートの口コミと評判が知りたい。
スクートを実際乗った人のレビューが見たい。

こういった疑問に、年間フライト回数30回以上の僕が、お答えします。

この記事でわかること

  • スクートとは
  • スクートの口コミと評判
  • スクート関空〜バンコク線に実際乗ってみた搭乗レビュー
  • スクートとノックスクートの違い
スポンサーリンク

スクートとは

LCCのスクートは、シンガポールが拠点の格安航空会社です。ちなみに、レガシーキャリアのシンガポール航空のグループです。

2011年に長距離国際線を運行するLCCとして設立。

2012年から、東京/成田から台北/桃園経由でシンガポールまでの路線を就航。

2019年8月、東京/成田〜バンコク/ドンムアン、関空〜バンコク/ドンムアン、関空〜高雄、札幌〜台北/桃園を運行している。

関空〜ハワイ/ホノルル線は2019年5月で撤退。

スクートのネットの口コミと評判まとめ

日本では割とお馴染みになってきたスクートですが、LCCではエアアジアが圧倒的な知名度と地位を確保しています。

なので、普段飛行機に乗らない人にとっては、スクート?なにそれ?ってなると思うんです。

ネットの口コミと評判

  • 機内食付いていない。食べる食べない自分で選べるのは良い。
  • 機内は寒いがブランケットの無料貸し出しなし。防寒着持参する必要あり。
  • シートは狭すぎることはなかった。(成田〜バンコク〜シンガポール線)
  • フライト変更になっても、メール連絡等一切なし。
  • シートのリクライニングが壊れていた。
  • 座席指定をしないと二人で予約してもバラバラの席になる。
  • B787は綺麗で、175cmでも十分なシートピッチだった。
  • 飲食物の機内持ち込み禁止で、チェックも厳しい。
  • 遅延が頻繁にある。
  • 移動だけならコスパが良い。
  • 電話サポートは、日本語を話す外国人で意思疎通が微妙。
  • イヤホン・モニターなしで機内は退屈。自分で用意する必要あり。
  • フライトキャンセル・変更時に返金を要求したら、返金まで4週間ほどかかって、遅い。
  • 電源コンセントは付いているが、エコノミーは有料。
  • CAに日本人なし。英語での対応。
スポンサーリンク

関空〜バンコク/ドンムアン線の搭乗レビュー

2019年5月に関空からバンコク/ドンムアン空港への便でスクートを利用しました。

フライト情報

  • 便名:スクート TR867
  • スケジュール:関空18:05発ーバンコク/ドンムアン着 21:50
  • フライト時間:5時間45分
  • 運賃タイプ :「FlyBag」
  • 料金(片道):約12,000円
  • 受託手荷物 :20Kg無料

関空でのスクートのチェックインは、第1ターミナル4階Hカウンター。

出発時刻の3時間前のチェックイン開始直後に、チェックインカウンターに行ってみると、びっくりするくらいチェックインの並び列がない。ガラガラ。

もしかして、全然売れていない?

ただ、スクートはウェブチェックインもあるので、そのせいかもしれない。

パスポート出して、チェックイン手続き。Eチケットを提示しろとは言われなかった。今まで言われたことないけど。

預け荷物があったので、スーツケースを預ける。機内持ち込みのカバンは、特に重量チェックとかもない。まぁスクートの機内持ち込み手荷物の制限は、10kgまでOKだしね。

紙の搭乗券をもらい、パスポートを返してもらう。

時間に余裕があるので、一つ下の階のレストランへ。お目当ては「ぼてじゅう」っていう鉄板焼き、お好み焼きのレストラン。

プライオリティパスを持っていて、搭乗券を見せると3,400円まで無料で食事ができるという、すごいサービス。

満腹になるまで食べて、エアサイドへ。

楽天プレミアムカード申し込みでプライオリティパスを無料で作る方法

保安検査と出国審査

保安検査も出国審査も混んでいませんでした。さっと抜けてエアサイドへ。

シャトルトレインに乗って、中間駅で降りて搭乗ゲートへ行きました。

搭乗開始時間をちょっと過ぎてから行ったのですが、お客さんが全然いません。この時に気付きましたが、今回のフライトの乗客全然いませんでした。

搭乗

スクートの機内

搭乗率2割程度ですかね。

これじゃあ、関空〜バンコク/ドンムアン線は廃止になるわけです。

そう、2019年9月から関空〜バンコク/ドンムアン線は運休が確定しています。

シート配列は3-3-3です。

 

機内

定刻で無事離陸し、10分ほどで安定飛行に入り、シートベルト着用サインが消えました。乗客は各自散らばって、一人1列3席独占できます。

みんな横になって足を伸ばして寝ていました。これならかなり快適に過ごせます。

シートピッチ

シートは前後のピッチが31インチ約78cmと、レガシーキャリアとほぼ変わりなし。結構広く感じるので、ストレスは有りません。

LCCだからと言って、全てのLCCフライトが狭いわけでは有りませんよ。

機内ではタイの入国カードが配られます。機内で書いておいたほうが、空港で時間を取られずに済みます。特にドンムアン空港は中国人観光客の急増で、いつもイミグレが混んでいます。

機内で記入するためにペンを持ち込むと良いです。

あとは持ち込んだノートパソコンで仕事して過ごしました。これからタイで思いっきり遊ぶので、機内でも仕事をしてました。

あっという間のフライトでした。

スクートの感想

ボーイング787は中型機で狭くありません。ボーイング787は天井も高く、狭さは感じなかった。また、ボーイング787は加湿機能が付いているので、機内が過度に乾燥することもないので、助かりました。

普段だと機内ではマスクしていないと、喉がやられます。ですが、スクートの便はボーイング787なので、乾燥が酷くなく快適に過ごせます。

座席にモニターがないとか、電源がないとか特に不満はなかった。

料金も12,000円で受託手荷物20Kg込みなので、コスパ最強です。

この値段なら、また利用しようと思います。

スクートとノックスクートの違い

スクートとノックスクートはグループ会社です。お互いの公式ホームページでも両方の便が表示されて予約が可能だが、使っている機材が違うので微妙に違いがあります。

比較してみますね。

ノックスクート 項目 スクート
スクートより若干安い 値段 スクートより若干高いか同じ
ボーイング B777-200 使用機材 ボーイング B787-8
17年ほど使用した中古機材で古い 新しさ 新しい
スクートビズのみあり
エコノミークラスはなし
電源 全席あり(有料)
Wi-fiなし wi-fi 有料
酷く乾燥する 乾燥 それほど乾燥しない
行き早朝発、帰り夜行でバンコクに長く滞在が可能 関空〜バンコクのスケジュール 行きバンコク着が22時と遅い。

そこまで大きな違いはありませんが、エコノミークラスの電源の有無とスケジュールの違いでしょうか。自分のスケジュールに合うフライトを選べば良いかと思います。

コメント

  1. […] スクートの口コミと評判まとめ|最悪?快適?【搭乗レビュー有り】スクートのネットの評判まとめました。 スクートの悪い評判が目立ちますが、多くは遅延だったり、フライト変更時 […]

スポンサーリンク