【搭乗レビュー】ANA 東京/羽田〜ソウル/金浦線NH861エコノミークラスに乗ってみた

ANAのシート 搭乗記
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

航空券予約は、全ての航空会社を一括で比較・検索出来るスカイチケットがおすすめ。最安値が見つけられて、便利!
スカイチケットで航空券を検索

今回はANAの便、ソウル/金浦空港から東京/羽田空港まで利用したので搭乗レビューをしたいと思います。

この記事でわかること

  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦のフライトの感想
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦の預け荷物は23Kg×2個まで
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦の機内持込手荷物は10kgまで
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦の機内食
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦のシート
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦のモニターあり
  • ANA東京/羽田〜ソウル/金浦を安く予約する方法
スポンサーリンク

ANAソウル/金浦〜東京/羽田のフライト

ANA東京/羽田〜ソウル/金浦の使用機材

ANAソウル/金浦〜東京/羽田の使用機材

フライト時刻

2019年7月現在、ソウル〜東京間は1日3(3往復)便運航しています。

行き先 便名 出発時刻 到着時刻 所要時間
羽田→金浦 NH862 7:45 9:55 2時間10分
羽田→金浦 NH864 12:45 15:00 2時間15分
羽田→金浦 NH868 20:00 22:15 2時間15分
行き先 便名 出発時刻 到着時刻 所要時間
金浦→羽田 NH861 8:40 11:05 2時間25分
金浦→羽田 NH865 16:10 18:35 2時間25分
金浦→羽田 NH867 20:05 22:20 2時間15分

使用機材

ボーイング787-8 (788)

エコノミークラスのシートピッチは79cm。ヘッドレスト・リクライニングあり。

シートに電源コンセント、USBコンセント、エンターテイメントモニターあり。

ANA東京/羽田〜ソウル/金浦のフライトの感想

  • 日本品質のサービス
  • 機内食は1種類のみで選択できない
  • エコノミークラスのシートはなかなかOK
  • 各シートにモニターが付いているので映画とか観れる
  • 日本語が通じる

日系の航空会社のサービスはやっぱり良い。

日本語が通じるし、CAの配慮が心地よい。

シートに関してはエコノミークラスなので、そこまで広くはないが79cmです。2時間15分前後のフライトなので余裕です。

各シートにはモニターが付いているのでエンターテイメントを楽しめます。ただし、2時間15分前後のフライトなので映画を全部みることができないことがあるので、映画の時間には注意しましょう。

機内食もあるし快適ですね。

ほぼ定刻で金浦空港に着陸しました。

 

チェックイン

チェックイン時間

羽田空港のANAのチェックイン時間は開始時間は空いている時間であれば何時からでも可能です。

チェックイン終了時間は出発の40分前までです。

羽田空港国際線のANAチェックインカウンターは6:00オープンです。

パスポートを提示してチェックインです。受託手荷物(預け荷物)を預けて、チケットを受け取って終了。

 

モニターについて

ANAのモニター

ANAの東京/羽田〜ソウル/金浦線は各シートにエンターテイメントモニターがついています。

映画鑑賞や音楽再生、フライト情報など見ることができます。

2時間ちょっとの短時間フライトなので映画を見る際には映画の時間に注意しましょう。2時間半とかの映画だと最後まで見れません。

機内食について

ANAの機内食

今回は羽田空港を8:40発の便に乗りました。機内食が配られました。機内食は選択肢なしで1択です。

安定飛行に入ってすぐにドリンクと食事が配られました。

今回は海老カツカレーでした。サイドについたごぼうサラダと生野菜サラダも美味しかったんですけど、凍っているくらいにキンキンに冷えていました。

メニューは選択肢なしで1択でした。

  • エビカツカレー
  • ライス
  • 生野菜サラダ
  • ごぼうサラダ
  • チョコパイ
  • おつまみスナック

ドリンクは

各種アルコール、ジュース、お茶、コーヒーなどから選べます。

シートについて

ANAのシート

今回はエコノミーシートの窓側を確保しました。2時間ちょっとのフライトなら無理に通路側にしなくても、トイレに行かなくても我慢でくるので平気です。

エコノミークラスのシート配列は3-3-3です。

シートの前後のピッチは79cm。

ANAのシート

前後のシートはかなり余裕あります。LCCと比べるとかなり広く感じます。

USBコンセント

シートにはテーブル、モニター、USBコンセントがついています。もちろんイヤホンもついているので映画や音楽鑑賞もできます。

受託手荷物について

ANA東京〜ロサンゼルス線のエコノミークラスの受託手荷物は23kgが2個まで無料です。

3辺(縦・横・高さ)合計が158cm以内(キャスターや持ち手を含む)となります。

機内持ち込み手荷物

総重量は10kgまで。

荷物1個+身の回り品1個

サイズは3辺の和が115cm以内かつ(55cm×40cm×25cm以内)

ロサンゼルスへ安く行き方法

日本からロサンゼルスへANAで飛ぶ場合、10万円を切ることがほとんどありません。14万円くらいからスタートでしょうか。

ただし、裏技があります。

ソウル発ロサンゼルス行きの往復チケットを検索すると7万円代で購入可能なんです。

ただし、ソウル発なので、日本からソウルまでのチケットを別に購入する必要があります。LCCを使えば1万円前後で片道予約できるので、韓国旅行も楽しめると思えば悪くありません。

 

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

航空券予約は日本の会社のスカイチケットがおすすめ

航空券を買うなら、スカイチケットがおすすめ。
とにかく安い航空券が探せる
全ての航空会社を一括で比較・検索出来る
トラブル時、日本人による日本語対応
サイトが使いやすい
365日24時間オンライン申し込み可能

年間30回以上飛行機を利用している僕が、おすすめするスカイチケット
特に日本人によるサポートセンターが安心で、フライトが遅延したり、日付変更や、キャンセルなども日本人と話せるからスムーズでした。

他の予約サイトでチケット取った時にトラブルで電話したら、日本語が上手じゃない外国人のオペレーターで、意思疎通がちょっと大変でした。
心配な方、英語が苦手な方はスカイチケットがやっぱりおすすめです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
搭乗記航空会社
Takeoをフォローする
世 界 一 周| 明日、旅に出る

コメント