【イギリス|リバプール】観光名所とビートルズゆかりの地巡り

イギリス
この記事は約2分で読めます。
旅行代金の最大50%お得になるGoToトラベルキャンペーン

▼各旅行会社の宿泊割引クーポンまとめました
【GoTo併用OK有り】全国の自治体クーポンまとめ【都道府県別】
▼還元率最強の楽天ポイント付与
楽天トラベル
▼Yahoo!プレミアム会員は15%お得
Yahoo!トラベル
▼新幹線/飛行機と宿泊のセットプランなら
JTB

スポンサーリンク

リバプールでビートルズ観光一覧

1.ペニーレーンPenny lane
2.ストロベリーフィールズ
3.マシューストリート(キャバーンクラブ)
4.ビートルズストーリー(ビートルズ博物館)

1と2は遠いので自力で行くならバスか自転車。あとはマジカルミステリーツアーっていうビートルズの観光ツアーに参加するか。

僕はランニングしながらいきました。

3と4は中心部に近いので歩いていけます。

ペニーレーンPenny lane

img_3368

img_3369

img_3370
曲名にもなっている有名な通り

地図


グーグルマップ

ストロベリーフィールズStrawberry Field

img_3378
ここも曲名になっている元孤児院

地図


グーグルマップ

マシューストリート(キャバーンクラブThe Cavern Club)

dsc_0974
マシューストリート

img_3417
キャバーンクラブ

dsc_0894
キャバーンクラブのステージ

ビートルズが292回出演したライブハウス=キャバーンクラブがある。その通りがマシューストリート。
いまもこの通りだけ60年代の空気が流れている。
曜日によってビートルズのコピーバンドの演奏が見える。

dsc_0922
ジョン

dsc_0938
ジョージ

dsc_0904
ポ、ポールは残念賞

料金:12〜20ポンド(ライブによる)
無料のライブもあるがお金を払ってビートルズのバンドを見たほうがいい。
彼らはビートルズのコピーに人生を捧げてきた人たちで、演奏、歌声、プレースタイル、ジョンの喋り方など、似ているところばかりで生のビートルズをみているかのようだった。

地図

ビートルズストーリー(ビートルズ博物館)The Beatles Story

dsc_0976
ビートルズの歴史がわかる博物館

dsc_0977
日本語ガイドオーディオも用意されているので、よく理解できる。
ビートルズマニアもビートルズを少ししか知らない人も行ってみる価値があると思う。

dsc_0978
ジョンが最初に手にしたギター

dsc_0979
キャバーンクラブを再現

dsc_0980

dsc_0981
リッケンやヘフナーのバイオリンベースとかみるだけでテンションあがります。

dsc_0984
スタジオ再現

dsc_0985
イエローサブマリン

dsc_0986
アルバムコンセプトの説明

dsc_0987
イエローサブマリン

dsc_0988
いつもふたりの名前で共作としてクレジットされてた。
レノン&マッカートニー

dsc_0989
ヘフナーのバイオリンベース

dsc_0990
ジョンが好んでいたピアノ

dsc_0991
イマジンの歌詞

dsc_0992
イマジンルーム

dsc_0993

dsc_0994
最後はお土産コーナー

料金:大人14.95ポンド

地図


グーグルマップ

コメント

スポンサーリンク