シェアする

booking.comで2,000円キャッシュバック

booking.comで下のリンクから予約すると、2,000円キャッシュバックを予約者と私にそれぞれキャッシュバックされます。
宿泊完了後、クレジットカードに2,000円分キャッシュバックされます。

下のリンクから予約してください。

https://www.booking.com/s/27_8/takeo754


’16.1.31 レッドフォートとジャマーマスジット インド24日目(世界一周4ヶ月と31日目)


スカイスキャナーで航空券比較検索
いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。


スポンサーリンク

16.1.31

いつもの癖で5時に目がさめる。昨日は日が変わってから寝たというのに。もう少し寝ることにする。
サンタナデリーも朝食が無料で付いてくる。

IMG_9113
トーストとスープとチャイ。
セルフサービスでパンは6枚まで食べていいそうだ。

シャワーを浴びて、ブログを書く。
そして、観光に出かけることに。
メインバザールに出るとすぐにチャイ屋で同じ宿のサーファーこぼりさんに会う。たばこを買って(60ルピー)座って少し話す。

IMG_9141
そのあと歩いてコンノートプレースへ。
深夜特急にも出てきた場所だ。

予想していた混沌としたイメージとは裏腹にかなり綺麗な場所で、洗練された海外ブランドのブティックが軒を連ねる。

IMG_9118
ちょっと高そうなお菓子屋さんに入る。

IMG_9117
イチヂクのタルト70ルピーを買って、路上で貪る。うまかった。

地下鉄に乗って移動10ルピー。

スポンサーリンク

レッドフォート

DSC_1004
まずはレッドフォートへ。入り口のボディチェックでたばことライター持っていると入れないと言われ、買ったばっかりのたばこを捨てるの嫌なので諦める。

歩いてジャマーマスジットへ。途中でサイクルリキシャーがしつこいので乗ってあげる。10ルピーと言うと20だと言うので乗らずに歩いていたら、追っかけてきて20だ、いや10だ、の繰り返し。最終的に向こうが折れて10ルピーで乗ることに。歩いても乗っても別にどっちでもよかった。
こういうしつこさがデリーだし。うざったさにイライラせず、楽しむくらいがちょうどいいのだと思う。最初は警戒しすぎて全員無視していたけれど、余裕が出てきて楽しめるようになってこれた。結局インドは夜間の移動やデリーから入国する場合の地下鉄で降りたニューデリー駅でトラブルが多いけど、それ以外は嫌な思いも辛い思いもあんまりしないのかもしれない。あまりにそれだけが強調されすぎて、インドの全体像がぼやけてしまっている。たしかにぼったくりには会うが、ピストルやナイフなどでの強盗などはあまり聞かないのでそれほど危険な国では実際なかったんだなって思ってこれた。もちろん、タイを始めとする他の東南アジアより警戒は必要だろうけれど。


安い飛行機を検索するなら絶対これスカイスキャナーで航空券比較検索
いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。


ジャマーマスジット

DSC_1008
ジャマーマスジットは大きなモスクだった。
ちょうどお昼の時間なのでお祈りする人が多い。
カメラもちこみで300ルピー必要。
ただ、なんの料金か書いてないのにゲートで取られるからカメラ持っていない人は払わなくて良いようだ。ただ、地球の歩き方にはスマホもカメラとみなされるとかいてある・・・

モスクはどこもそうだが靴は履いたまま入れないので靴は脱いで入る。

DSC_1010

DSC_1009
広場

DSC_1011
礼拝堂

IMG_9132
塔に登ることが出来るらしくそれが13時半かららしくすこし時間があるのでもすくの広場で座って、待つことに。やっぱりこの頭が珍しいらしく写真を一緒に撮ってくれと何度も言われた。

僕の携帯でも撮ってもらうことに。

IMG_9129
女の子と

IMG_9124
野郎達と

IMG_9127

DSC_1012
一眼レフで撮ってくれとも言われる。

DSC_1013
1時半をすぎたので塔へ登ることに。
塔の入場券カウンターでチケットを買う100ルピー。

塔の手前で入場規制。てっぺんはたしかにかなり狭そうだ。

DSC_1014
横からみたモスク。

塔へ。

IMG_9133
塔の中は石の階段が螺旋階段上になっている。
素足にひんやりと石の冷たさが伝わって来る。電気が付けられているがかんり薄暗い。
さらに、降りてくる人とすれ違うときはかなり狭くなるので太っている人には登るのは厳しいかも。
塔自体の高さもある程度あるのでそれなりに階段を登らないといけない。

DSC_1015
上からの景色。

降りるときもかなりの人とすれ違って大変だった。

地下鉄で戻って昼ごはんを食べることに。8ルピー。

IMG_9138
途中の屋台で見つけた不思議な屋台。
ヨーグルトかと思っていたら・・・

IMG_9140
メレンゲのようなふんわりとしたあまいスイーツだった。20ルピー。
めっちゃうまかった。

スポンサーリンク


ネットで調べて、バターチキンカレーの上手いお店へ行くことに。

コンノートプレースにあるレストランに行くことにした。

IMG_9148

IMG_9147
pind Balluchi ピンダ バルチ

IMG_9144
マサラマティーニのカクテル

IMG_9145
バターチキンカレーとナン
うまかったが高かった。715ルピー。

帰りにオレンジを1個10ルピーで買って、宿に戻り、
宿の人と大富豪をして過ごす。
ミネラルウォーター20ルピー
インドのキングフィッシャー缶500mlビール120ルピー

今日の出費(レート1ルピー=2円)
食費945ルピー=1,890円
宿400ルピー=800円
その他460ルピー=920円
交通費18ルピー=36円

合計3,666円
累計805,377円


booking.comで下のリンクから予約すると、2,000円キャッシュバックを予約者と私にそれぞれキャッシュバックされます。
宿泊完了後、クレジットカードに2,000円キャッシュバックされます。

下のリンクから予約してください。

https://www.booking.com/s/27_8/takeo754


↓↓↓↓↓この記事が参考になったと思ったら、クリックしてブログ村のランキングの応援お願いします。励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ほかの旅人の情報→にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

LCCで世界一周するときに便利!バックパッカーはみんな使ってる。
安い飛行機を検索するなら絶対これスカイスキャナーで航空券比較検索
いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。