シェアする

’15.11.17 アンコールワットで朝日、アンコールトム、タプローム、サッカー観戦 カンボジア15日目(世界一周2ヶ月と17日目)

スポンサーリンク


アンコールワット朝日観光へ

4時半起きで眠い目を擦りながら、シャワーで目を覚ます。

今日は宿の人に便乗してアンコールワットへ朝日を見に行くことにした。
一緒に行く女の子を起こすけど、二度寝しようとする。この子、昨日朝日をみ損ねてるのに(笑)若いってすごいね。どこまでも眠いって。

5時、トゥクトゥクで出発。まずはチケット売り場で1DAYチケットを購入。20ドル。
写真はその場でとってくれるので持っていく必要なし。
IMG_7006朝は混んでいるけど、さくさく進むのでそんなに時間はかからなかった。

IMG_70051日券の売り場だけやたら混んでいた。

◯チケットは3種類

・1DAY=20ドル

・3DAYS=40ドル

・7DAYS=60ドル
※売り場は分かれています。

時間とお金に余裕があり、遺跡好きは3日券がおすすめかな。そのほかにも別に入場料を払わなくてはいけないけど、ベンメリア、プレアビヒア、バンテアイスレイなど、みどころ満載で1週間くらい滞在できるとのんびりできていいと思う。

持ち物は
ミネラルウォーター、日焼け止め、長袖、帽子、カメラ
キャミはノンスリーブ、短パン、ミニスカートだと遺跡に入れないので服装に注意!!!

宿からアンコールワットまでノンストップで15分から20分ほどで到着。

遺跡の前で入場券チェックを受ける。(どこの遺跡も同じ)

まずは外堀を歩いて進み、
DSC_0263中にある池にいく。ここはアンコールワットが水面に反射して絶好の撮影スポット。すでに大勢の人がいて、いい場所がない。人の頭の上から手を伸ばしてなんとか撮る。
DSC_0260特に朝日が昇る瞬間より、明るくなり始めた空の青から茜色に染まるグラデーションが好きだ。
DSC_0278朝日が見えると一気にあたりは明るくなる。
DSC_0281絵を書いている人
DSC_0282

DSC_0283
***********************************************************************************************************
安い飛行機を検索するなら絶対これスカイスキャナーで航空券比較検索
いろんな航空会社や旅行会社を比較して指定した日付の一番安い航空券を探せるよー。特にLCCならすげー安いやついっぱいある。バックパッカーはみんな使ってる。
***********************************************************************************************************

第一回廊へ
DSC_0285

DSC_0290途中でリレーフ(壁画)が美しい。
DSC_0292
デバターと呼ばれる女神もたくさんいる。
DSC_0297第二回廊へ
DSC_0302ここにもデバター。

DSC_0307

DSC_0306アンコールを抱いてみる(笑)

第三回廊は朝7:40から開放になるので少し待つことに。
結構な人が待っている。11年前に来た時は木製の階段などなく、この急な石の階段を慎重に登った記憶が蘇る。なによりも降りる時の方が怖かった。
DSC_0310今は手すり付きの木製階段。それでも結構急だ。
DSC_0312

DSC_0315第三回廊からの雄大な眺めを堪能し、森に囲まれたシェムリアップをぼんやりと眺めてみる。
DSC_0319第三回廊の中。

DSC_0332

DSC_0331帰り際にもう一度池で写真をとる。空いていた。

トゥクトゥクに戻り、宿に戻るのかなーって思っていたら、北に進みアンコールトムへ向かっていた。ドライバーはそのまま内回りを回るつもりだったらしい。

僕らはお腹がペコペコだったので、とりあえず、朝食をとることに。

IMG_7012-68842アンコールトムの中の食堂で豚の生姜焼きライス7ドル。どんどん、リゾート価格になっていく。11年前は街中では1ドル、アンコールワット周辺では2ドルが相場だったのに。それだけ、経済が発展し、物価が上がっているっていうことでもあるんだけど。ちょっと高すぎ、ミネラルウォーター大は宿の4倍の2ドル。

アンコールワットの中へバイヨン寺院など

アンコールトムはかなり大きく、5つの門やその中にバイヨン寺院、象のテラス、王宮跡、ピミアナカスなど、ほかにもみどころ満載。アンコールトムはクメール時代最大の都城だったそうです。

DSC_0335南大門。仏像がならぶ。多くが頭を切り落とされたが今は修復をしていて、再現されている。

DSC_0354

DSC_0381バイヨン寺院。大きな顔の象が並ぶ。

DSC_0367昔撮った写真と同じポーズで。

1292828_4856546870637_1115951429_o2013年。2年前

1229814_4856548590680_512197406_n2004年。11年前

うん、変わってないよね?

DSC_03761ドルで写真撮影ができる。

DSC_0383遺跡の中から枠のように遺跡を捉える。
DSC_0387こういうの好きです(笑)

DSC_0390王宮跡?

DSC_0393上から

DSC_0404涅槃像の形した仏様の頭になってるのわかる???

DSC_0406-da8d8アンコールトムの中。これも以前同じポーズ(笑)

スポンサーリンク



侵食がすすむタプローム

そのあと、タプロームへ。
DSC_0414暑いので先にアイスクリームを食べて休憩。砂糖不使用のフルーツアイス。ドラゴンフルーツ味1.5ドル。

昼になりだんだん暑くなってくる。雲に太陽が隠れていたり、遺跡の陰に入れば暑さは和らぐけど、直射日光を浴びると暑くて歩くのがしんどい。
タプロームは木々が遺跡を侵食していて、時の流れを感じられる一押しの遺跡。写真撮影スポットもたくさんあるので、絶対行った方がいいと思う。

DSC_0421

DSC_0422-e6b84木が遺跡の上をまたいでいるように生えている。

DSC_0423DSC_0444圧巻。木の生命力のすごいこと。

タプロームにいた子供が面白かった。

DSC_0448勝手かばん漁って干し梅を食べる。

DSC_0451そしてこの表情。でも気に入ったようで袋ごと奪い取ってた。

DSC_0468本当にすごい。

ほかにも撮ってもらったショット。

12270509_901189169977718_943266949_nアンコールワット第三回廊にて

体力が限界なので戻ることに。

3時過ぎに宿に戻る。結構長く遺跡観光していた方だと思う。

トゥクトゥクは20ドルだったので3人で割って、6.66。じゃんけんで勝って6ドル。

IMG_7013国道沿いのバインミーを買いに行く。2ドル。

前にもらったドリップコーヒーを淹れて宿でパンと一緒に食べる。

暑いので生ビールを夕方前だけど飲んじゃう^^

宿の人、みんなでサッカーを観戦しにパブストリートへ。まずはSOUP DRAGONで夕ご飯。

IMG_7016豚のBBQライス2ドルを頼む。

それから日本酒バー「Anji」にて、宿のオーナーさん達と合流。サッカーを観戦しながらビールを飲む。日本代表もカンボジアに勝って、大盛り上がり。6ドル払う。
オーナーさんから明日BBQやるよーって話になり、それにつられて明日も延泊することに・・・(笑)

歩いて宿に戻る。途中でドラゴンフルーツを路上で買う。1.5ドル/kg。1個0.75ドルだった。
宿でミネラルウォーター大を買う。0.5ドル。

大貧民をして夜中まで盛り上がる。寝不足・・・毎日だけど。

※ドルはUSドルです。
今日の出費(レート1ドル=120円=4,000リエル)
食費22.25ドル=2,670円
宿735円(宿はたいていBooking.com
で予約しているから日本円でクレジットカード払い)
その他21ドル=2,520円
交通費6ドル=720円

合計6,645円
累計432,636円

ブログランキングに参加してます。
読んで、ためになった、面白かったって思ったら
応援のためにしたのバナーをクリック
してもらえるとうれしいです。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-5352753346672712″
data-ad-slot=”4243140580″
data-ad-format=”auto”>




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク